読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

「平成29年度入学予定児童保護者説明会」というのに参加した話

きゅうきょ入った急ぎの仕事のため木曜日の晩に徹夜作業をして、

金曜日にリリース作業をして。

全部無事に終わって、金曜日の夕方帰宅してお風呂に入ったらついに電池が切れまして、布団に入ったら引きずり込まれる様に眠りに落ち。。。。

 

目が覚めたら食卓に↓のプリントが置かれていました。

 

f:id:shobuno:20170114213258j:plain

そっか、そっか。。。

今日は息子が通う中学校の説明会だったんだっけ。

保護者説明に行くたびに何かと騙される事が多かったんですが、

式次第を見る限り、今回は普通です。

流石に大丈夫でしょう。。。

 

きっと、校長先生の型通りの挨拶があって、そのあと中学校の説明を細々されるだけでしょう。

 

という感じで、北風が吹きすさぶ中、中学校へ行ってきました。

顎を撫でると、無精髭。 しまった髭そっておくのを忘れた。

ま、でも聞くだけだから大丈夫か。。。

 

会場は体育館で、小学校のクラスごとに席が作られていました。

息子のクラスの列は、前の方にチョロっと、後ろの方にぎっしりと座席が埋まっていて、真ん中がガラガラという変な埋まり方をしていました。

私は前の方に座りました。

 

しばらくして、説明会が始まりました。

 

「本日は寒い中、お集まり頂き誠に。。。(略)

 本日は、親の学習講座を40分行った後、学校説明会に入らせて頂きます。」

 

え? 何? 学習講座??

 

式次第をよく見ると

 

   親の学習講座

(1)校長のあいさつ

(2)PTA会長あいさつ

 

と書かれているのですが。。。

「親の学習講座」って、もしかして副題じゃないの?

数字も入っていないのに?

 

 そうこうしているうちに、前に4名の女性の先生が立って、話しかけてきました。

「では奇数列の方、座席を反対向きにしてください。

 そして、8名のグループを作ってください。」

 

え?! 何? 

いきなり前の席の人が椅子をひっくり返して、向き合う形になりました。

当然というか、みんな「お母さん」ばっかりです^^;

やっぱり、私また騙されたの?! ^^;; 

お母さん方ばかりの保護者会とか、役員決め会とか、幼稚園のイベントとか

数々の事件が走馬灯の様に頭をよぎりました。

 

私の混乱をよそに、話はどんどん進んでいきます。

「では、みなさんには、これから示すエピソードからお子さんとどう接するのかを

 みんなで話し合っていただきます。

 まずは、グループのリーダーを決めて頂きましょう。

 時間がないので、簡単に決めます。

 グループの中で一番髪の長い方、リーダーになってください。」

 

よ、良かった。。。 ^^;;

幸い私はロン毛(死後)ではありません(苦笑)

(一番短い髪と言われたらアウトでした)

 

「それではまず、順番にお互いの自己紹介をしてください。」

やっぱりきたー。

げ、髭そってないじゃん、ボク。。。

ま、誰も気にしないかぁ。。。 ^^;

まあ、そんな事を思いながら、自己紹介しようと口を開きます。

斜め前のお母さんが、「こんな事になるなんて、思っていなかったでしょう?」

と、余計な(?)フォローを入れてくださいます。よっぽど困った顔をしていたのでしょうか?(苦笑)

「えっと、shobunoと申します。。。」

「え?! shobunoさん??」

「あ、はい。」

私は近所の人の顔とか名前を殆ど覚えられない人なんですが、結構人からは覚えられているパターンが多くて、良く道端で声をかけられます。

慌てて笑顔を作って受け答えしたりするのですが、こっちが覚えていない事はバレバレだと思います。毎回冷や汗をかいてしまうのですが。。。

「もしかしてご存知で?」

「はい。お姉さんが合氣道されていましたよね? ウチの子も一緒にしてたんですが、

 サッカーが有るので辞めたんですよね。」

「そうだったんですね。。。」

いやもう、世間は狭いです。。。 ^^;

 

場が少しほぐれたタイミングで、先生の声がしました。

「では、エピソードを紹介します。

 最近 娘は自分からあまり話をしなくなり、

 帰宅するとすぐ自分の部屋に入ろうとします。

 「学校は今日どうだったの?」と声をかけても

 「はーっ」「別に。」とか「いちいちうるさいなあ。」

 などという始末。つい先日も、

 母「何を怒ってるの?お母さんは何か変なことを言った?」と聞くと、

 娘「何もー」

   とぶっきらぼうに答え、

   バターンとドアを閉めて自分の部屋に入ってしまいました。

  あなたが親ならどうしますか?

 これをグループで話し合ってみてください。」

 

多分、反抗期に入る子供たちと親の関わりについて、話し合うことで、

学習させようという事なんだな。。。

 

この例の場合、こういう状態になるに至った親子の関係自体に問題がありそうだけど、

ウチがこうなったとしたらどうだろう。

 

私「今度中学生になるのは息子なのですが、息子がこうなったとしたら、

 その場に捕まえて、「面白い事を言うじゃん」とか

 「それが親に向かって言う言葉ですか?」とか言って、とことん話しをします。

 娘だったら。。。多分その場は放置して、機嫌のいい時に話をすると思います。」

 

「ウチは仕事をしていて仲々親子で話し合う時間が無いので、

 ノートを作って、毎日交換しています。

 こういう事があったら、相手から回答が来なくても、問い続ける事が大事だと

 思います。」

 

この家凄いなぁ。。

 

「私の所でこんな事言ったら、捕まえてガンガン言ってしまうんじゃないかと。。。」

 

親というのは子ども達とどう接していけば良いのかという課題に対しては、無関心でいられないんだろうな。。。

みんな興味津々でお互いの話に聞き入っていました。

 

「親の学習講座」は、予定の40分を随分過ぎて終わったのでした。

その後、オマケ程度に入学説明会がありました。

 

全部終わって外に出てみると、空から雪が結構な勢いで降り出していました。

 

そういえば、傘持ってきていないんですけど。。。

 

仕方なく、前から吹きすさぶ雪を体に受けつつ、そのまま帰路についたのでした。

 

やっぱり騙された?? ^^;

 

 

 

そうだ、京都、行こう! ^^; (冬休みの話 その1)

f:id:shobuno:20161230061518j:plain

飛べぬことを 常と思えば 不足なし

そう言われればそうかもね。

 

子どもたちも、ようやく明日から新学期ですが。。。

冬休みの話 その1です。

 

子どもたちは、先に行っていたのですが、

 12月30日に、妻と岡山へ移動しました。

 

今年は、ゆっくりと途中下車とかしながら帰りたいね。

 

新幹線を使って、京都に途中下車することにしました。

子どもたちの移動のときには不覚を取ったので。。。

今回はバッチリ、早起きしました(苦笑)

 

始発の電車に乗って、東京駅につくと、駅弁屋さんは人で一杯でした。。。

f:id:shobuno:20161230061202j:plain

新幹線移動の時のお楽しみ。。。毎回気合を込めて買うのですが。。。

f:id:shobuno:20161230065932j:plain

妻は広島のあなごめし。

 

f:id:shobuno:20161230070559j:plain

私は、弁当箱の厚みに釣られて、仙台のたんとろ弁当を選んだのですが。。。

紐を引っ張ると、弁当が熱くなるという機能付き。

紐を引っ張ると、お弁当箱に触れないぐらい加熱しました。

ここれは、本格的!?

 

。。。しかし、中身は思いの外少なく。

3cmぐらいしかご飯がありませんでした。。 ^^;

あっという間に食べ終わり、弁当箱を分解してみると、

f:id:shobuno:20161230070634j:plain

殆どの体積を加熱剤(?)が占めているという。。。

失敗でした。 今年は妻の勝ちですね(苦笑)

 

お弁当の話はこんな感じでしたが、本題は京都です。。。

(今回は長くなりそうです。。。)

 

京都といば、この曲(?)

My Favorite Things - Julie Andrews

 

ジュリーアンドリュースが歌っていたんですね。

サウンド・オブ・ミュージック

京都近郊にお住まいの方々は、ぴんと来ないと思われますが、

JR東海の美しいCM「そうだ、京都、行こう」シリーズのBGMに使われています。

 

という訳で、京都で途中下車しました。

最初に向かったのが

f:id:shobuno:20161230091724j:plain

東寺でした。

東寺密教の総本山。

弘法大師ゆかりのお寺です。

弘法大師といえば。。。私の実家の近くにもお大師さんがあります。

そういう目でみると、何となく親しみ深い感じがしてきます。

 

ここは、「立体曼荼羅」があります。

妻によると、イケメンの仏像があるらしいです。。。 ^^;

曼荼羅とは仏教の教えをわかりやすく図解した絵で、大日如来を中心に円の形が沢山。。。 

f:id:shobuno:20170109232520j:plain

こんな感じの絵なのですが、東寺は絵ではなく、たくさんの仏像で表現しています。

 

f:id:shobuno:20161230092104j:plain

東寺講堂の中に、立体曼荼羅の仏像たちがぎっしりいました。

残念ながら撮影禁止のため、中の写真は無しでしたが、大日如来像が大迫力でした。

気のせいかも知れませんが、大日如来像って見たの始めてかも。。。

f:id:shobuno:20170109233753j:plain

(パンフレットより 帝釈天

ちなみに、こちらがイケメン仏像、帝釈天です。

 

講堂内にずらりと並んだ仏像を見ながら、

ん?

どこかで聞いた事がある名前が。。。

 

降三世明王、軍茶利明王不動明王金剛夜叉明王大威徳明王。。。

パズドラで聞いた事が居るかも。。。

明王シリーズ?

 

 

降三世明王

f:id:shobuno:20170109235210j:plain

f:id:shobuno:20170109235221j:plain

 

 

軍荼利明王

f:id:shobuno:20170109235445j:plain

f:id:shobuno:20170109235328j:plain

 

不動明王

f:id:shobuno:20170109235554j:plain

f:id:shobuno:20170109235513j:plain

 

 

金剛夜叉明王

f:id:shobuno:20170109235656j:plain

f:id:shobuno:20170109235618j:plain

 

 

大威徳明王

f:id:shobuno:20170110000350j:plain

 

f:id:shobuno:20170110000051j:plain

 

何となく特徴は押さえている感じ。

パズドラ恐るべし。。。 そんなに悪い感じがしないのは私だけ??

仏教が伝来したときに今の技術が有ったら、仏像や仏画ってどうなっていたんでしょうね。

お寺とか随分イメージが変わるんじゃないでしょうか?

菩薩とか見てみたいな。。。

 

話を戻して。。。

f:id:shobuno:20161230091942j:plain

東寺金堂です。

立派な建物。

中には美しい菩薩像と、薬師如来像がありました。

さすが、豊臣秀頼寄進。。。ゴージャスです。

 

妻はしきりと、菩薩像のポーズに感心していました。

「力の抜けたポーズだ。」

妻の頭の中は合氣道で一杯の様です。。。

 

f:id:shobuno:20161230093017j:plain

お庭を良く見ると、礎石と思われる石がポツポツ有りました。

何度も有ったと言われる火災で失われた建物の跡なのでしょうか?

ネットを調べてみましたが、良く分かりませんでした。

 

f:id:shobuno:20161230093038j:plain

見上げると、立派な鬼瓦。

これは、講堂だったかな? 金堂だったかな??

 

そして。。。

 

f:id:shobuno:20161230095749j:plain

現存する塔としては最大規模という、東寺五重塔です。

大きい!! とにかく巨大です。

実家の近くの三重塔と比べると物凄い迫力。(比べるなよ ^^;)

さすが、徳川家の威信をかけて建てられた五重塔です。

全高55m。

東大寺に有ったとされる七重塔は100mとも70mとも言われています)

 

 

f:id:shobuno:20161230100132j:plain

五重塔を見上げていると、にわかに空が曇ってきて、小雨がパラパラ。。。

逆光で写真を撮ったら、謎の光が映り込みました ^^;;

 

大満足で東寺を後にし、次に向かったのが。。。

 

f:id:shobuno:20161230110749j:plain

西本願寺です。

このお寺は、浄土真宗の総本山です。

妻は、ここに有るという能舞台を見たかったのですが、残念ながら見ることはできず。。

私も、本願寺といえば、祖父が分骨したお寺ではないかと思ったのですが。。。

後で聞いたところ、東本願寺だったとう事で、

結局どちらのニーズも満たせなかったのですが。。。 ^^;

 

f:id:shobuno:20161230112711j:plain

西本願寺は、勢いが有って、「生きているお寺」という感じがしました。

本堂の広間一杯に、パイプ椅子が並べられていたり、信者さん向けの立派な鉄筋の建物が有ったり。。。

 

f:id:shobuno:20161230113757j:plain

これも、境内にあった鉄とコンクリート作りのブックセンター。

何というか、現代にしっかり生きているお寺という感じがしました。

 

歎異抄 (文庫判)

歎異抄 (文庫判)

 

勢いにほだされて 、思わず歎異抄を買ってしまいました。

 

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや

 

一向宗の考え方って凄い発明だと思うんですよ。。。

 

西本願寺を出て。。。

妻「次は何処に行きたい?」

私「たまこマーケットの商店街! 京アニショップでも良いよ」

 

私の提案は却下され。。。

南座の隣のお蕎麦屋さん「松葉」へ  ^^;;

f:id:shobuno:20161230124053j:plain

名物のにしんそばと鮭ご飯。

にしんそば、あんまり好きでなかったんですが、ここのは美味しかったです。

 

f:id:shobuno:20161230125941j:plain

蕎麦屋をでて、橋を渡ります。。。

水面がキレイでした。

 

f:id:shobuno:20161230130004j:plain

水面にかもめ?が見えます。

 

お土産を買いつつ、街をブラブラ。。。

途中、老舗のおばあちゃんから、

「もう売り切れだから、帰って」と、にべ無くあしらわれたりしつつ。。。 

(こ、これが京都のイケズなのか?? ^^;)

主にお菓子をお土産に買ってまわりました。

 

f:id:shobuno:20161230135231j:plain

歩きつかれたので、甘いものを頂きました。

そして、岡山行きの新幹線に乗り込んだのでした。

 

途中下車の旅は時間限定になってしまいますが、行く場所を欲張らなければ

なかなか良いものですよ。

 

謹賀新年です

新年あけましておめでとうございます。

 

f:id:shobuno:20170101120519j:plain

 

という訳で、2017年です。

例によって、冬休みは妻の実家の岡山へ行ってきました。

今年は例年よりも休みが短くて、1月2日の夜に帰ってきて明日の4日には仕事始めという感じで、慌ただしい年越しでした。

ブロクの更新もなかなかできない感じだったのですが、冬休みのお話やら冬アニメのお話やら、諸々書きたいことも溜まっております。

まあ、今年も思いつくまま書きたいと思っております。

 

今年もどうかよろしくお願いいたします。

 

飛行機に乗り遅れたッ!! ^^;

目覚めたら、朝の6時でした。

。。。。ん? 

 

えええええ?!

 

という訳で、こんにちは。

今日は子供たちを一足先に岡山の妻の実家に送り出す日だったのですが、

見事に寝坊しました。

 

飛行機は7時20分発。。。

家から空港まではどんなに急いでも1時間半以上はかかります。。。 ^^;

大急ぎで子供たちを起こしますが、にわかにどうしたら良いのか分かりません。。。

 

しまった、目覚ましかけるの忘れた。

それにしても、家族みんな揃って目覚ましをかけ忘れるなんて。。。 ^^;;

誰かが何とかしてくれるという油断が、ウチの家族に有ったんでしょうね。

 

大事故は、小さな事故が偶然積み重なって発生するといいます。

ハインリッヒの法則という言葉が脳をよぎります。。。

ハインリッヒの法則(ハインリッヒのほうそく、Heinrich's law)は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。「ハインリッヒの災害トライアングル定理」または「傷害四角錐」とも呼ばれる。

 

いやいや、そんな事言ってる場合じゃなくて。。。

 

取り敢えず、子供たちを起こします。

普段はなかなか起きない娘ですが、こういう時はパッと起き上がります。

 

妻「とにかく空港に向かった方が良いよ。あと事前に連絡入れないと。」

私「うん。そ、そうだね。。。

  車で途中まで行った方が早いかな?」

妻「さあ。。」

私「よし、みんな、すぐ出るぞ!!」

と言いますが、実際には本人が一番パニクっています(苦笑)

 

素早く身支度を整え、子供たちを連れて駅に向かいました。

 

まだ空は真っ暗。

空気がひんやりしています。

 

早足で歩きながら、iPhoneで検索してみます。

「飛行機 寝坊 乗り遅れ」

歩きながらだと、なかなか上手く画面操作ができません。。。

 

駅に着く頃にようやく画面が出てきます。

「寝坊したら、まず空港に連絡すること」

という文字が目に入りました。

 

確かに。。。

 

大分落ち着いてきました。

これから、電車に乗らなきゃならないので、

予約番号、マイレージクラブ番号、予約した飛行機便などを伝えつつ、

連絡は妻にお願いしました。

 

電車に乗ること数十分。。。

 

妻から連絡が入りました。

「何とか解約して、予約を取り直す事ができました。

 予約番号は、◯◯◯◯。。。」

 

まあそんな感じで、この帰省ラッシュの時期にも関わらず、何とか奇跡的にリカバリーすることができました。。。

 

早朝の飛行機にお乗りの際は、気を引き締めないといけませんね。

久々のピンチに、脳が一瞬フル稼働した事件でした(苦笑)

 

 

◆オマケ◆

 

飛行機に乗り遅れそうになった時にすべきこと

 

・とにかく、飛行機が飛ぶ前に空港に連絡して、指示を仰ぐこと。

 空港の人は、こういうケースの対応にとても慣れています。

 飛ぶ前なら、予約の変更が可能です。

・連絡の時に用意しておくもの

 ・搭乗便名、予約番号、予約に使った会員番号

・私の様に二手に別れる事が出来る場合、飛行機に乗る人はとりあえず空港に向かい、

 残る人が予約の変更交渉をするのがベストだと思います。

・「フラット・タイヤ・ルール」といって、不慮の事故やトラブルで飛行機を

  逃した時に、追加料金無しで当日のキャンセル待ちチケットを

  発行してくれるという、非公式ルールが航空会社によっては有るみたいです。

  実際、妻は遅れた原因が交通機関によるものだったのかどうか聞かれたそうです。

 

という訳で、飛行機に乗り遅れたからといっても、

パニックを起こしたり、ヤケを起こして、潔くあきらめたりしてはいけません。

 

最後まで望みを捨てぬ者だけに道は開けるのです。

それでは、おのおの、ぬかりなく。。。 ^^;

 

餃子作りに挑戦する(まさかの完結編)

f:id:shobuno:20161218143830j:plain

ベランダの水耕栽培のレタス

寒いせいか、成長はゆっくりです。。

 

なんか、ワンパターンでごめんなさい。

この前の週末も、餃子でした。。。(火がつくとのめり込むタイプ ^^; )

前回の反省。。。みじん切りがイマイチだった事を踏まえて、今回は新兵器を導入しました。。。

 

ドラえもんの声で)

貝印 NEWアットミジン2!」

貝印 NEWアットミジンII DH-0288

貝印 NEWアットミジンII DH-0288

 

 いや、初めは電動のフードプロセッサーを考えたのですが、

ネットを調べてみると私の様なライトユーザー(?)には手動で充分な様な気がして、

大幅に安かったこともあり、導入しました。

 

じゃ~ん

f:id:shobuno:20161217161832j:plain

野菜を入れて、ハンドルを一所懸命回すと。。。。あら不思議

(いや、全然不思議ではないから。。。 ^^;)

 

f:id:shobuno:20161217161932j:plain

見事に粉々になってくれました。

これは楽ちんです!

 

包丁で手が痛くなるまでみじん切りをしても、私の力ではここまで行きません。

 

1回では野菜全量を処理出来ませんので、何回かに分けてみじん切りをして。。。

f:id:shobuno:20161217165901j:plain

粉々にした野菜と、調味料と良く練ったひき肉を良くまぜて。。。餡の出来上がり。

今回は、ラップを軽くかけて冷蔵庫で1日低温熟成させます。

 

翌日の夜、子供たちに包んでもらって焼きました。

毎週餃子を包まされている子供たち、心なしか手際が良くなってきました。。。(笑)

 

f:id:shobuno:20161218201931j:plain

はい、出来上がり。(テフロンの新しいフライパン欲しいなぁ)

 

食べ始めた子供たちから歓声が上がりました。

 

息子「うまい!!」

娘も「美味しい!!」

 

つ、ついに「うまい」が出ました。 ^^;

 

どれどれ、私も一口。。。

おお!! 確かにこれは美味い。。。完成だ!

これは外で餃子を買って食べる必要が無いぐらいのグレード。。。

 

「お父さん、あんまり食べないでよー!」

「あー、はいはい。 ^^;」

 

野菜餃子に近いので、食感が軽くて何個でも食べられそうです。

50個程焼いた餃子ですが、あっと言う間に無くなってしまいました。

大好評でした。

レシピも完成したので、ひとまず「餃子作りに挑戦する」シリーズは

これにて一段落かな?

最初は無理だろうと思っていたのですが、良かった良かった。

 

さて、最後にレシピです。

野菜に塩を振ると浸透圧の関係で水分が出るのですが、

片栗粉をまぶすといい感じに吸収してくれて、

ジューシーな仕上がりになります。

あと、一晩寝かせたのも良かったのかも。

みじん切り器もとても役立ちました。

 

shobuno家餃子レシピ ver.1.0.0

●豚ひき肉 100g
●きゃべつ 350g

●白菜        250g (きゃべつと白菜合わせて600gにすれば良いです)

●長ねぎ(小さめ) 1本

●にんにくみじん切り 2かけ

●酒                            大さじ4
オイスターソース   大さじ2

●ごま油                     大さじ1
●醤油                         大さじ1
●鶏がらスープのもと 大さじ2
●片栗粉                      大さじ2〜3ぐらい
●塩                              小さじ1.5〜2

●こしょう 少々
●餃子の皮 大判40枚〜50枚

 

 

もっとこうしたら美味しいよっていうのが有りましたら是非教えてくださいませ。

ではまた〜 

 

餃子作りに挑戦するの巻

f:id:shobuno:20161204194109j:plain

(妻が小学生時代に絵付けをしたお皿。。。うーむ、筆に全く迷いが無い ^^;)

 

好物はと聞かれたら、真っ先に浮かぶのが餃子です。。。

小学生の頃に家の近くに出来たラーメン屋さん(珍来 西新井店)の餃子にハマってしまい、毎週通いつめました。

お店のおじさんに顔を覚えられたのは勿論、食べるモノまでワンパターンだったため、

「いつものください」

といえば通じる程でした。。。(行きつけのバーを持っている大人みたい。考えてみると、大人になった今でもそんな店ないぞ。。。 ^^; )

友達も慣れたもので、私を尋ねて家に行っていないと、ラーメン屋さんに直接迎えに来てくれたものでした。。。 ^^;

そんな馴染みのラーメン屋さんでしたが、私が高校生ぐらいの時に廃業してしまい長らく寂しい思いをしていました。

それが、数十年振りにあの味と全く同じお店(珍来 五反野店)を発見して、今は幸せなのですが。。。

 

良く考えてみると、あの餃子が食べられるのって、今のお店頼りな訳で、

あのお店がまた無くなってしまったら、今度こそきっと永遠に食べられなくなってしまうに違いありません。

 

自分である程度の物を作れる様になれないかな。。。?

 

という訳で、究極の餃子作りプロジェクトの発動です!!

まずは、ネットを探しました。

「珍来」「レシピ」で 検索!!

。。。残念、めぼしい情報は有りませんでした。

世の中そんなに甘くは無いようです。

 

作戦を変えて、標準的な「おいしい」レシピから近づけていくというアプローチに切り替えました。

クックパッドのレシピを参考に試作しました。

 

絶品餃子!!肉汁がやばい。。。。(ちょっと改造版)

●豚ひき肉 400g
●きゃべつ 300g
●長ねぎ 1本
●にんにくみじん切り 1〜2かけ

●酒  大さじ2
●ごま油 大さじ1
●醤油 小さじ1
●鶏がらスープのもと 小さじ1
●砂糖 小さじ1/2
●塩こしょう 少々
餃子の皮 (大判) 20枚

f:id:shobuno:20161204194107j:plain

うーん、餡の色がちょっと違うかな?

 

ともかく、焼いてみましょう。。。

f:id:shobuno:20161204200518j:plain

こんな感じ。。。

息子が一口食べて「ちがう。これじゃない。」

 

え? ^^;

私も食べてみましたが、確かに違います。

決してまずくはないんだけれども、明らかに違う。。。

肉が多すぎのと、塩気が足りない。。。

 

餃子の道は一日にして成らずですね (? ^^;)

ここまでが、先週の挑戦。。。

 

そして、今日。

出来るまでやると宣言した手前、今週も餃子です。

先週の反省点を考慮に入れて、自分でレシピに手をいれてみました。

 

shobuno家餃子レシピ ver.0.2.0

●豚ひき肉 100g
●きゃべつ 450g

●白菜(水耕栽培) 150g

●長ねぎ(小さめ) 1本

●にんにくみじん切り 2かけ

●酒  大さじ4
オイスターソース  大さじ2

●ごま油 大さじ1
●醤油 大さじ1
●鶏がらスープのもと 大さじ2
●砂糖 小さじ1/2
●塩 小さじ2

●こしょう 少々

餃子の皮 (大判) 40枚

 

1.キャベツをみじん切りにします。(腕がだるくなった。。。 ^^;;)

f:id:shobuno:20161211184606j:plain

 

2.ベランダの白菜(水耕栽培)を3枚(150グラム)みじん切りにします。

  (もちろん、八百屋さんの白菜でokです ^^; )

 ネギ、にんにくもひたすらみじん切りにして鍋に入れます。

 野菜を全部いれたら、塩を入れてよく混ぜておきます。

f:id:shobuno:20161211184613j:plain

 

3.ひき肉、ごま油、オイスターソース、酒、鶏がらスープ、砂糖を入れて、

  ひき肉を粘りが出るまでこねます。

  で、それを野菜の鍋に。。。

  

f:id:shobuno:20161211191513j:plain

 

3.良く混ぜてから、1時間ぐらい常温で寝かせます。

  (みじん切りがちょっと荒かったですね ^^;;)

f:id:shobuno:20161211191921j:plain

餡の色はかなりそれっぽい感じです。

 

4.皮に包んで

f:id:shobuno:20161211204356j:plain

 

5.焼いたらできあがり

f:id:shobuno:20161211211238j:plain

(フライパンの調子がイマイチで、ちょっと失敗。。。^^;)

 

例によってまず息子が一口。。。

 

「だいぶ近づいたな。。。」

 

それにしても、どうして息子はいつもエラそうなんだ。。。 ^^;;

 

私も一口。。。

おお!!

これは美味しいじゃないか!

 

だいぶ珍来に近い味。。。

まだ工夫の余地はあるものの、普通に美味しいモノになった感じです。。。

この調子なら、老後は街の餃子屋さんを開ける。。。かも?? ^^;

 

 

何でもやってみるものですねぇ。。。

 

「いまさら翼と言われても」を読んだ

まさかの(?)連投です ^^;

最近では、通勤中はもっぱら電子書籍を読んでいる事が多いのですが、

最近アタリが多い感じです。

 

という訳で、今回は古典部シリーズ最新刊の感想です

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

 

今回は、短編集です。 

・箱の中の欠落

・鏡には映らない

・連峰は腫れているか

・わたしたちの伝説の一冊

・長い休日

・いまさら翼と言われても

以上の6編が収められています。

いくつかは、このブログでも紹介しましたね。

実際未読は「いまさら〜」だけだったんですが、

全体を通して読むと実に内容が詰まった良い本に仕上がっていると思います。

 

「いまさら翼と言われても」は、千反田えるのお話です。

これまであんまり人間っぽくなかった千反田さんですが、

今回は感情を見せてくれます。

 

お話を描く時、主役というかいわゆる「いい子」キャラって、描いてみると実は難しいって事があります。

「いい子」であればあるほどに、個性が無くなってしまって、人間味が感じられないスカスカのキャラになってしまうんです。

と、大昔の創作サークル時代の事を思い出してしまいましたが。(苦笑)

千反田えるって、そういう超人的なキャラクタに近い存在だと思っていたのですが、

今回は良い感じで人間らしさを取り戻しました。

こうなってくると、ますますこの先に期待ができそうです。。。

 

このシリーズ、とてもペースが遅いので、次が何年後か分かりませんが、

「高校卒業まで描く」とおっしゃっているので、気長に見守りたいと思います。

 

続きが楽しみです。