shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

定点観測

今週の木性シダ

キャセア オーストラリス(Cyathea australis)を胞子から育てています。
6月中旬にまいた胞子が、今年の猛暑に耐えて、ここまで育ちました。

シダ植物は種子植物と違って、胞子から苔の様な前葉体(1n)が育ち、
前葉体から、造精器、造卵器が出来、造精器で作られた精子が、水を通して移動し、造卵器の卵子に受精し、
受精卵(2n体)から、胞子体が出てくるという育ち方をします。
 と、高校の時に習いましたが実際に自分で観察するのは初めてです。


今週の様子
f:id:shobuno:20101010172533j:image
涼しくなりだしてから、急に成長が速くなってきました。
年内位には、胞子体(いわゆる普通のシダの形)が生成される筈で、
今からとても、楽しみにしています。

このシダ Cyathea australis は、オーストラリアの木性シダで、上手く育てば、木の様になります。
(何十年もかかるらしいですが。。。)
恐竜時代に繁栄していた木性のシダをこの手で育てられる・・・・かも。