読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

[[今週のお題]]人生最大のピンチ!

あれは平成5年の夏頃。。。

私はとある中小ソフトハウスの研修生でした。
大阪に本社があった、その会社では、当時研修生は
4月から、本社で研修する事になっていました。

 その研修は、当時として珍しくなかったのかも知れませんが
私にとってはかなり過酷でした。
朝4時半起床、6時出社。
23,24階にあったオフイスまで、階段を登って出社。
(研修生はエレベーター使用禁止)
早朝、オフイスをピカピカになるまで掃除。
出社してきた先輩にお給仕。
社長による社会人研修。
復習。
お昼は13階で、弁当。(エレベータ禁止)
午後も研修。
所作の練習、発生練習(近くの河原で大声練習!)
帰宅は午前1時頃。
という感じの毎日でした。

同期同士で飲酒禁止。
家に電話するのも禁止。
寮に入り、会社だけの日々が続きました。

 はじめ、40人いた同期は、入社翌日は半分に。
そして、日毎に少なくなりました。
遅刻、居眠り、不手際などが有れば、社長から即クビを言い渡されました。
連日の激務で、みんなみるみる痩せていきました。

いくら食べても、痩せていくのでした。

夏頃から、バブル崩壊で会社が危険な状態になり、
社長の研修もほとんど無い状態になりました。

社長からの指示で、お互いを「指摘」しあうという事が始まりました。

どうも、私は指摘されやすい体質みたいで(笑)連日(2ヶ月位)
みんなから色々欠点を指摘され続けました。

「なぜ、あなたは欠点を直せないのですか?」

みんなから、こんな事を言われ続けていると、精神病に近い状態にまで
追い込まれてしまいます。。。
何が何だか分からなくなりかけたあの頃、
あれが私の人生の最大のピンチだったのだろうと思います。


長かった研修が終わり、無事に生き残れた社員は、
私を含めて、たったの4名だったのでした。。。。


大阪でもちょっと目立つビルに会社が入っていました。
その23,24階は、夜になってもいつもそこだけ火が灯っていました。

平成ゴジラの映画で、そのビルの近くをゴジラが横切ったんですが、
やっぱり、23,24階だけが光っていたのを見て、大いに笑いました。。。

いかにも、ゴジラが来ても営業を続けていそうな会社でした。(笑)