shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

[[今週のお題]]「心に残った本」

 最近は随分読まなくなったとはいえ、
テレビ代わりに本を読む感じなので、やっぱり、乱読家なのでしょうね。。。


■最近読んだ本
・告白
 前にも紹介しましたが、文章の力が半端でなく、一気に読まされた作品。
 導入の部分の引き込み方は、本当に素晴らしい!

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

化物語〜○○物語シリーズ
 この間、全部読みました。
 読んでいて本当に楽しい本です。
 12月まで、あと3冊出るそうで、とても楽しみ。。。


■心に残った本
次郎物語
 高校生時代に読んだ本。元々、模試の問題に出てきた文章が余りにも面白く、
 模試会場から、本屋へ直行。。。一気に全巻読んでしまいました。
 子供とどう接すれば良いのかという感じのテーマから、
 次郎が育っていき、人は何を糧に生きていくのかというテーマに移っていきます。
 実際に子育てして、参考になる事が多いですし、何か迷ったときに読みたくなる本。
 私の人格形成に大変影響を及ぼした本です。
 「白鳥入蘆花」は、私の座右の銘です。
 思い出しては、何度も読んでしまいます。
 青空文庫にも入っているので、無料で読めます!

次郎物語〈上〉 (新潮文庫)

次郎物語〈上〉 (新潮文庫)

老子
 これも、高校時代にハマった本。
 水の様な心を持って生きていきたい。。。
 原文の訓み下し文に近い文章の方が、内容が分かりやすいです。

老子 (中公文庫)

老子 (中公文庫)

・エンダーのゲーム、ソングマスター
 これも高校時代に出会った本。
 エンターテイメントとしても面白いんですが、
 「人間」を丁寧に丁寧に描く作者の姿勢に感動させられます。

エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))

エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))


ソングマスター (ハヤカワ文庫 SF 550)

ソングマスター (ハヤカワ文庫 SF 550)