読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

お手本の人

 今日は、私が社会人2年生位の時の思い出話です。
前にもチラっと書きましたが、私はガチガチの体育会系のソフト会社におりました。
上司は絶対。勤務中の軽口などもってのほか。勤務時間中は必死に。。。てな感じでした。
入社2年目、ある大きな開発で、客先のチームに入って仕事をすることになりました。

 私の入ったチームの中核に、45、6位のおじさんがいました。
見た目はヤクザの様な方でした(笑)が、口調は砕けて優しい感じ。。。
いつも剽軽な事を言っては周囲を笑わせるのですが、業務知識は半端でなく
誰もかなわない。。。
周囲の若者には自社他社区別なく丁寧に色々教えたり世話を焼く。。。
仕事はしっかりしていて、システムのテストはきめ細かく、自分の目で最後まで確認する。。。
そんな人でした。
面倒見が良いので、チームの皆から慕われていました。
自分より年上の人はいないのに、メンバーみんなの事を「おじさん」と呼んでいました。。。
 ある日その人が、大声で「おじさ〜ん!!」と叫んだ所、チーム全員(若者)が
彼の前に集まって来まして、彼は大爆笑していた事を懐かしく思い出します。
「明日ズル休みすることにした。家族みんな休ませてディズニーランドに行くから、後よろしく。。。」
何て事もありました。。。(笑)
そんな事をしても、誰も怒らせず、仕方ないなぁと笑って許してしまえる様な人望がありました。

 ガチガチだった私が、その方から受けた影響は計り知れません。。。
仕事とはどうすべきなのか、チームの中でどう振舞うのか、どこに力を入れ、
どこで力を抜くのかを教えて頂きました。
今の私がこうしていられるのは、その方の影響が大きかったと思います。。。


 ふと気がつくと、そろそろ私も当時のあの方の年代に近づいてきました。
彼の様に、周囲に働きかけられているのか?
いや、とても無理。
改めて、彼は偉大な人だったんだなぁと思います。
彼の様になれない私は、せめて、自分の出来る事を精一杯するしかありません。