読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

アイドル崇拝

つぶやき 感想

 AKBの某さんが、実在するとかしないとか話題になっております。。。
この話がきっかけで、昔から考えていた事を思い出しました。


 理想的な「アイドル」ってどんなものなのでしょう。。。?
カッコ良くて、元気が有って、楽しくて、話が面白くて。。。
歌が上手かったり、踊りが上手だったり、演技が優れていたりすればなお良いですね。
一言で言えば、私達に夢や元気を与えてくれる人でしょうか?
そういう人々を見て、楽しんで、私たちは彼らを「アイドル」と呼びます。
 でも、そういう人たちでも、長い間「アイドル」で居続ける事はできません。
歳をとったり、生活の中で輝きを失ってしまったりして、いつの間にか
「アイドル」で無くなってしまうのです。。。


 私が、アイドルグループをプロモートするとしたらどんなものを作るか。。。。?
(決して自分がなると言わない所が奥ゆかしいでしょ?(笑))
まず、グループにしますね。20人位がいいかな?
メンバーに名前は付けません。。
例えば「A」とか「B」とかにします。
で、それぞれ「A]さん、「B」さんに、キャラクタ設定をします。
「A」さんは、ちょっと強気な女の子。歌はまあまあだが踊りは抜群。
「B」は、ちょっと大人しめだけど、歌は抜群に上手いとか。。。
 メンバー候補は厳選した人々を沢山集めて、猛特訓します。
で、キャラクタを演じるまでの実力がついたら、就任させます。
就任している間は、一切の私生活を表に出ない様な。。。町が要るなぁ(笑)
交代はいつの間にか行われ、「生の個人」が表に現れる事は一切ありません。
就任する人は別に「実在する人」である必要も無いのかも知れませんね。
CGだって、「音声のみ」だって、役をこなせれば良いんだと思います。
声と姿を演じる人が別だって構わないんです。
作家、脚本家、音楽家の集団も強力なものを集めて、
どんどんいい作品を書いてもらって、それを演じさせます。


 歌も踊りもトークも芝居も超一流、しかもいつまでも衰える事がない集団。
いつ見られても、みんなを楽しませる事が出来るグループ。。。
みんなは、「A」さん「B」さんの名前は知っていて、こういうキャラクタだと
分かっているんだけれど、それを演じた「個人」をあまり意識しない。
まさに、理想的な「アイドル(偶像)」じゃないでしょうか。。。?


まてよ、どこかで。。。。?
これって、日本の伝統芸能である所の「歌舞伎」の世界に似ているんじゃ?
演じる人は変わっても、名前は固定され、演目も決まっている。
顔だって、素顔が分からない位の凄い化粧をしている。
歌舞伎は、究極のアイドルの形だったのかも知れませんね。。。。


風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア)

風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア)