読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

神田の本屋街へ

 日曜出社が決まったので、その代わりに午後からお休みを取って、
神田の本屋街へ行ってきました。
行くのは、本当に久しぶり。。。下手したら10年ぶり位かな??
f:id:shobuno:20110701152400j:image:w360


 私が、東京近辺から離れたく無い理由の一つに、この街の存在があります。
小学生の頃に連れてこられて以来、ここは私にとって夢の街。。。
TDLよりも、アミューズメントパークなのでした。
とはいえ、最近ではAmazonから本を買う事が多かったりするのですが。。。
行ってみると、、やっぱり神田は良いなぁと思いました。


 よく見ると、若干規模は小さくなったかなという気もしますが、
街の様子は、昔とあまり変わっていませんでした。
変わり果ててしまった秋葉原とは対照的。
 「本」の持つ圧倒的な存在感、インクの匂い、紙の匂いに酔ってしまいそう。。。
久しぶりに本の持つ力を感じさせられました。
いつも、結構大きめの本屋に行っているんすが、ここのスケールはケタ違い。
いつもの本屋の数百倍の規模の品揃えでした。

f:id:shobuno:20110701152526j:image:w360

 
 神田の本屋街をご存知無い方の為にちょっと説明しますと、
明治10年代(1880年代)にこの地域に相次いで創立された法律学校、明治法律学校(明治大学)、英吉利法律学校(中央大学)、日本法律学校(日本大学)、専修学校専修大学)の学生を当て込んで古書店も含めた法律書の書店が次々にできていったのがその始まりだといわれ、実に130年の歴史を持つ。その後、大学の学部の多様化にあわせて、各専門書店が増えていった。太平洋戦争中も空襲を受けなかった。
Wikipedia より抜粋)


丸ごと1つの街が本屋ばかり。。。
200件程の本屋が一箇所に有るらしいです。
 何度か珍しい本を探しに行った事がありますが、殆ど無い事がなく、
書店の店員さんも、「ウチに無ければ、もう日本には有りません」
と言い切ってしまう様な世界です。。。
 本好きの方、機会が有りましたら是非一度はこの街を一日さまよって、
本の海に溺れて頂きたいと思います。。(笑)
ああ、今日は堪能しました〜♪


f:id:shobuno:20110701155107j:image:w360
神田から、秋葉原へ。。。
秋葉原も近いんですよね。。。


いつまでも(いや、私の生きている間位は)、このままでいて欲しい街です。。。