読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

救急車に乗った日

twitterで「くだらない理由で怪我」をした話で盛り上がっていました。


実は、そういうの有るんです。。。(笑)
あれは、15年以上前の話です。


 当時、私はまだ独身で実家におりました。
実家には、ひなから育てた白いオカメインコの「はなちゃん」がいました。
はなちゃんは、とてもよく人に慣れていて、部屋の中を自由に。。。
半分放し飼いの状態でした。
 お菓子を食べようとすると、自分にも寄越せと主張したり。。。
寝ていると、遊んでくれと、私のまぶたをくちばしで器用に開けたり。。。
寒くなると、服の中に入って、えりの所から顔だけ出したり。。。
退屈すると、わざと手をちょっと痛めに噛んで挑発して、走って逃げたり。。。
まあ、とても自由にやっておりました。


 そんなある日、事件は突然起こりました。


私はその時、ぼんやりテレビを見ていたのです。
ふと、何となく横を見ると、
目の前に、はなちゃんのアップの姿が飛び込んできました。


 空中で、大きく羽根を広げて、両足を手前にして、
着陸寸前の体制でした。。。
何を思ったのか、私の下唇に着陸しようと、狙いを付けている様でした。


多分、テレビを見ていた時、クチが半開きだったのでしょう。。。
私は驚いて、
「あっ!!」
と口を開けてしまいました。。。
その時の口の角度が、限界を超えてしまったらしく、
顎に激痛が。。。(汗)
同時に、はなちゃんが下唇に見事着陸!!


「あががが。。。。(涙)」


顎が外れ、元に戻らなくなってしまいました。。。
親が慌てて、救急車を呼び、生まれて初めて救急車に乗り込みました。。。


病院にて。
お医者さん
「どうしたの?」
「あががが。。。(話せない(涙))」
「ああ、顎が外れたのね。。。あれ?」
「??」
「子供の頃、歯の事で何か言われた事は?」
「あががが。。。(話せないんだってば(涙))」
「ちょっと、みんなを集めて。。。」
(人がぞろぞろ集まる気配。。。)
「ほら、この歯。。。これは、前に言っていた珍しいケースで。。。」
「あががが。。。(何でも良いから、早く直して(涙))」
「(説明の声)。。。という訳です。」
「あー」とか「成程」とか、質疑応答の声。。。

「どうしてこうなったのか聞いた事ある?」
「あががが。。。(だーかーらー(涙))」
「あ、そうだった。顎外れていたんだっけ。。。」


顎が戻ったのは、随分経ってからの事でした。。。(苦笑)
つくづくお医者さんって、残酷だと思いました。
長くなってしまったので、歯の話はまたの機会にでも。。。

ゆめみるオカメインコ

ゆめみるオカメインコ