読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

坂の上の雲を観て思うこと

感想

 ここ最近になって、初めてNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」を
初めから観ました。
忙しかったのと、完結していないお話を見始めるのに躊躇してしまい、
今まで録るだけ録って見ていませんでした。
で、観たのですが。。。。
もう、本当に凄い。
 原作は勿論、大分昔に読んでいたのですけれども、
中盤から後ろにかけて、読むのが辛かった様な。。。(笑)


 テレビは、内容は大分端折られていますが、
映像が素晴らしく役者さんの演技も素晴らしくて、
とてもわかりやすくて良いと思います。
特に、正岡子規を演じた香川照之さんは壮絶。。。
本物の子規が乗り移った様でした。
彼は若くして壮絶な死を迎えます。
見ていてとても辛く、可哀想と思います。
なんて理不尽な。。。


旅順の戦い、203高地での戦いのシーンも壮絶でした。
大勢の人々が死に、その死骸を乗り越えて兵士が突撃していきました。
日本兵も敵のロシア兵も、おびただしい人々が死んでいくシーンが
克明に描かれていました。
なんて悲惨な。。。


でもよく考えると、あのドラマに出ている人たちは、
みんなとっくに死んでいる訳です。
今から見ると、それ程違わない時期に、みんな死んでしまっているのです。


そんな事を言っている私だって、数百年後の人からみれば、
同じ様な時に「とっくに死んだ人」な訳です。
そう考えると不思議な気分になります。


そう考えると、どう死んだのかなんてあまり重要な事ではなく、
どう生きたのかの方が遥かに重要な事なんだなぁ。。。なんて、
今更ながら考えてしまいます。
そう考えると、明治のあの頃の人たちは、
大変良く生きたんだなぁと思います。


さて私は、ちゃんと生きているんだろうか。。。?


NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX

NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX