読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

創刊号完成(妖精館物語 2/15)

f:id:shobuno:20120625191518j:plain

(会社の隣で、マンション建築中。。。(例によって本編と写真は無関係です。))

 

「一緒に本を造らないか?」

・・・・

「うん、いいよ。」

 

そんな会話が有った1985年6月。。。

(あ、これシリーズモノです。全15話位の予定です。。。(^_^;)

 

 進歩くんは同人誌サークルを創立し、私はそこのお手伝いをする事になりました。

サークル名は「妖精館」。これは進歩くんが付けた名前。

正直、そんなメルヘンチックな名前は嫌だと思ったのですが、

彼がどうしてもそうしたいというので、まっ良いかと。。。

そして、会誌の名前は「FAIRY」。これも同様の感想を抱きましたが、

まっ良いかと。。。

当時は、このサークルを自分のものと思っていなかったんですね。。

最初の会誌は8月に創刊。

創刊号は原稿が少ないだろうから、スタッフ(我々)も原稿を書かなくてはいけない

と言われて、ちょっと話が違うじゃないかとビックリしましたが、

結局彼の勢いに押し切られてしまいました。。。

「歴史に残る様な本を作ろう!」

 

それから2ヶ月。。。

 

そんな話はキレイさっぱり忘れていた8月15日。。。大学1年生の夏です。

突然、進歩くんが車で家にやってきました。

 

「これから編集やるから、車に乗って!」

「へっ?! えーっ?? 全然用意が出来ていないよ。。。」

「いいから来て。」

(コレをもし進歩氏が見ていたら。。。ゴメンなさい。

 私視点なので、ややキツめに誇張された描写がなされているかも知れません。。)

 

有無を言わさず拉致され、御茶ノ水と水道橋の間にあった公園へ。。。

車には、彼と同じ学部の洵くん(仮称)も乗っていました。

f:id:shobuno:20120625225852j:plain

(↑コレがその公園。 創立10周年記念に撮影。今はもう有りません。。。)

 

この日、進歩くんが集めた「会員さん」(いつの間に集めた??)の原稿と、私達が持ち込んだ原稿を組み合わせて、コピーして本を作る事になっていました。

 

「何か書いてきた?」

「いや、考えてみたけど書けなかった。。。」

心なしか、彼の目が険しい。。。(汗)

「書いてよ。原稿が足りないんだよ。」

「は、はい。。。」 

 

 隣では、公園のベンチを机にして、物静かに洵くんが黙々と何かを書いています。。。

私も仕方なく、生まれて初めて作品(小説(もどき))を、真夏の公園のベンチで書きました。分からない字が有ると、近くの古本屋さんへ行って、辞書を見て調べたりしました。

(ケータイも、パソコンも、インターネットも無かった時代のお話です。。。)

 

そのときペンネームを考え、自分の本名を逆から読んだ音に漢字を当てた「菖蒲野朋来(ショウブノホウライ)」にしました。

そうです。「shobuno」はここから来ています。

 

夕方になって、ようやく「原稿」が揃いました。

進歩くんは私達を連れて近くのカメラ屋さんへ行きました。

 

カメラ屋さんで原稿をコピーして、公園に戻って、ベンチにコピーを積み上げて並べて、

折って、組み合わせて、ホッチキス止めして。。。

何とか終わった頃には、周りはすっかり暗くなっていて、

小雨もポツポツ。。。

慌てて撤収。。。

 

こんな感じで、記念すべき会誌「FARIY VOL.1」は産声を上げたのでした。

全32ページ。発行部数は40部(位)だったと思います。

今から見ると、とても拙い、本とも呼びにくい様なコピー誌でした。

 

それでも、出来た時は軽い達成感が有りました。

しかし、終わって良かった。やれやれ。という思いの方が大きかった様な気がします。