読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

草加の花火大会

つぶやき

 

f:id:shobuno:20120804210511j:plain

 

草加の花火大会へ行って来ました。

5,6年前から、毎年何故か近所のYくん(娘の同級生)一家と一緒に見に行くのが恒例になっています。

この花火大会の特徴は、極めて近い所から見る事ができること。

余り知られていない為か、比較的楽に見ることができることです。

 

夕方4時に場所取りをして一旦帰宅。

6時になったら、子供たちを連れてYくん宅へ。。。

Yくんママ(例の私を「妖精さん」呼ばわりする人(^_^;)の運転で、

花火大会会場へ(そうか公園)。。。

 

今年はカメラと三脚を持って行きました。

花火の撮影に挑戦です。。。

前回の水族館といい、今回の花火といい、

何故か撮りにくい題材ばかっり撮影していますね(苦笑)

 

私が知っている、花火撮影のポイント

1.絞りはできる限り絞ること。

  (花火の光量は意外に多いという事と、写真がシャープになります。)

3.感度は低めに設定すること。

4.シャッター速度はバルブ(開放)にして、手で調節する。

5.ピントはマニュアルで、無限遠固定。

6.手ぶれ補正機能が有ればオフ。

7.三脚は必須。

8.カメラがぶれない様に、シャッターボタンは直接手で押さず、

  レリーズ(遠隔でシャッターが押せる器具)を使う。

9.光量が高すぎた場合、減光フィルタを使用する。

 

 さて、結果は。。。?

f:id:shobuno:20120804195011j:plain

f:id:shobuno:20120804200054j:plain

オーソドックス。線が思いの外シャープ。。。

これもカメラの性能か??

 

f:id:shobuno:20120804200716j:plain

これは、子供が描いた抽象画みたいな。。。

 

f:id:shobuno:20120804200959j:plain

f:id:shobuno:20120804210314j:plain

目で見た感じと、撮影されたイメージとは、随分ギャップがあります。

目だと連続した「動画」ですが、写真は「ここから」「ここまで」

と、自分で切り取った時間の断面のイメージです。

出来上がった写真を見るまでは、どんな絵になるのか想像できません。。。 

 

f:id:shobuno:20120804205158j:plain

f:id:shobuno:20120804205601j:plain

終盤です。スケールが次第に大きくなってきます。

やっぱり、カメラの性能の良さに助けられたのか、

思いの外良い絵を撮る事ができました。

 

 

ここの花火大会の魅力は、ほぼ真下で見る事ができる事です。

視界一杯に広がる花火、腹に響く音。。。まさに大迫力。

視界一杯に広がる炎が、こっちに向かって来ます。

 

「火の粉がこっちまで来そうな位、大迫力だね。」

と言っていたら、本当に頭の上に火の粉が降ってきて

大変だった事も有ります(苦笑)

 

この迫力を一回体感してしまうと、もう戻れなくなってしまいます(笑)