読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

親育て、子育て。

f:id:shobuno:20120816155243j:plain

今日はプールへ。中は残念ながら撮影禁止のため外から屋根だけ。

 

連日大歓待を受けています。

子供達は、そんな事を意識しませんから、だんだんと慣れてしまって、

こういう日常は「当たり前」になってしまいます。

 今の状態をありがたく思うとか、家族みんなで一緒に楽しく過ごしたいという気持ちは、どうやって育めば良いのでしょう?

 

そんな夕方のこと。

妻のお祖母様(92歳)が、庭に水やりを始めました。

 

おばあちゃんの手伝いをしなさい!

と言った所、息子(小2)が

「いま、iPadのゲームをしているから嫌だ。水やりなんてめんどくさい。何でそんな事をしなくちゃいけないの? お父さんがやればいいじゃないか。」

と声を荒げて言い出しました。

「おばあちゃん1人じゃ大変でしょ?

 お父さんよりお前達に手伝ってもらう方が、おばあちゃん嬉しいと思うよ。

 こんなに良くしてもらって、お前達はありがとうと思う気持ちも無いのか?」

と珍しくキツい口調で言いましたが、カッとした息子も勢いが止まりません。

「絶対に嫌だ!」

私もカッとして、子供達から機械を取り上げて、今までやっていたゲームアプリをアンインストールしながら、

「良く分かった。もうお前たちには期待しない。勝手にしろ。ゲームなんか有るからダメなんだ。

全部消してしまおう」

そう言って部屋を立ち去りました。

我ながら下手な叱り方。

もうちょっとマシな方法が無かったのか。。。反省です。

 

その後マズイと思ったのか、子供達はすぐに、おばあちゃんの水やりを手伝い始め。。。

庭からは、おばあちゃんと子供達の楽しげな声が聞こえてきました。

 

夜、息子と2人でお風呂に入っていると、

「お父さん、さっきはごめんなさい。」

「えっ?」

「ぼくが悪かったと思う」

「そ、そう?」

「これからは、ちゃんという事をきくから。」

「うん、分かれば良いんだよ。」

「聞くから。。」

「うん?」

「ゲーム、元に戻して。」

 

 

。。。息子、営業の才能があるかもしれない。^^;