shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

コンピュータの思い出

f:id:shobuno:20120906165104j:plain

(今日の一枚。曇り空と葉っぱのコントラスト。)

 

 私は現在コンピュータシステム開発の仕事をしています。

どうしてこの仕事をすることになったのか?

とか、どんなふうに技術者になったのかのお話は、

多分そのうちに書く事になるでしょう。。。

(妖精館物語の後番組かな? (^_^;)

 

まあ、一言で言ってしまうと、

「コンピュータが好き」だったからという事になってしまうんでしょうけれども。

 

今日は、私が初めてコンピュータに出会った頃のお話でもしましょう。。。

 

f:id:shobuno:20120907005416j:plain

 私が初めて手に入れたコンピュータは、シャープのMZ-80K2という機械でした。

 当時高校一年生だった私は、どうしてもコンピュータが欲しくて、

学習塾の講師のバイトを一年程やって、貯めたお金で購入しました。

忘れもしない14万8千円でした。(当時大卒の平均初任給が10万位でした。)

 

 当時の秋葉原は、コンピュータ(マイコンと言っていました)ブームの走り。

NECのPC-8001とか、日立のベーシックマスターとか、OKIのIF-800とか、

コモドールとか、PETとか、APPLEⅡとかお店に並んでいました。

お金が溜まるまで、秋葉原へ「マイコンを触る為だけに」出かけて行き、

何時間も、デモ機をいじらせてもらいました。

 お店の人々も優しくて、明らかに冷やかしの高校生に、

嫌な顔一つせずに応対してくれました。

 

MZ-80K2のスペックです

 ・CPU: Z-80 ( 8 Bit )

 ・クロック:2MHz

 ・メモリ:48K byte

 ・グラフィック:無し。確か80文字✕40行位の文字のみ表示

 

ハードディスクも付いていませんでした。

代わりにカセットテープを再生/録音する装置が付いていて、

データの保存とかしました。

電源を入れても何もできず、BASIC言語のカセットをセットして

LOADしました。

計算をしたりゲームをしたりするにも、

いちいちプログラムを作らなければ何も出来ませんでした。

 

今のパソコンのスペックと比べると、嘘みたいに貧弱です。。。

それでも、当時の人たちは熱狂してマイコンに色々させようとしていました。

 

f:id:shobuno:20120907012121j:plain

これは、スタートレックのゲーム画面です。

グラフィック無しで、キャラクターのみの表現ですが、

これはこれで、中々味が有ると思うのは気のせいでしょうか?(苦笑)

 

f:id:shobuno:20031207013307j:plain

これは、ボクシングのゲーム。

中々動きが良くて、面白かったですよ。。。

 

f:id:shobuno:20120907012344p:plain

これは、日本初のテキストアドベンチャーゲーム

「表参道アドベンチャー」です。

文字だけ(しかも英語 (^_^;)です。

コマンドも英語でした。でも凄く臨場感が有ってワクワクさせられました。

キャプチャーは無いけど、「フリートコマンダー」という

日本発のコンピューターによるウォーゲームもアスキーでした。

雑誌についていたダンプリストを延々打ちました。。。

 

当時のコンピュータ雑誌はとてもアグレッシブでした。

みんなが、コンピュータを使って何が出来るのか、

ワクワクしながらチャレンジしてた時代でした。

 

 私もつられて、立体迷路の中を彷徨うゲームとか、

弟からルールを教わって、テトリスを作ってみたりしました。

ハンダゴテを振り回して、クロックアップ改造とか、

グラフィックメモリを追加したりとか、色々遊びました。

このコンピュータとの幸せな出会いがキッカケで、

今のお仕事に就くことに繋がった事は間違いないでしょう。。。

 

 

 今のコンピュータは、昔のそれとは比べ物にならない位に高性能で

余りにも完成していて、内部の仕組みをいじる機会が無い様な気がします。

今、私が高校生だったとしたら。。。

 

今の仕事をする事にならなかったかもしれませんね。

 

みんながコンピュータに無限の夢を感じていた頃のお話です。