shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

案外、日本人は中国の事が好きかも知れない。

 今週から中国人の学生さん(院生)が、ウチの会社でアルバイトに来てくれる事になりました。

真面目で一所懸命で、とても清々しい毎日を送っています。

 

「出身はどこですか?」

福建省です。」

福建省っていうと、烏龍茶しか思い浮かばないんだけど(苦笑)

 どの辺ですか?」

「(wikiペディアを表示)↓ココです。」

f:id:shobuno:20120907235046p:plain

「おお。けっこう南の方なんですね。暑いですか?」

「はい。」

「。。。ここら辺って、項羽の出身に近いんじゃ?」

項羽って何ですか??」

 

あ、発音が違うんだろうな。。。

項羽」とタイプして見せました。

 

「。。。。??」

項羽と劉邦項羽ですよ。」

 

(またタイプしてみる。。。)

 

「おお! リゥ パン。知ってます

 

「そうです! 劉邦は確かそんな発音だった筈。」

 

「。。。三国志の。。。?」

 

「違うっ! (^_^; 三国志よりも500年位前だったと思う。

 秦の始皇帝が死んだ後、漢が出来るまでの話で。。。」

 

「何でそんな事知っているんですか?!」

 

「いや、その。。。高校生の時の漢文で習ったし、本も読んだし。」

「私、良く知りません。。。」

「ダメだよ、中国人としては是非読んでおかないと。。。

 司馬遼太郎の中国語訳版が有るから、読みなさい。」

「。。。はい。」

 

どっちが中国人だか分からない状態に。。。(笑)

 

史記とか三国志とか学校で教えるし、日本人は結構好きな人が多いと思うんですが、

中国の人はそれほどではないのでしょうか。。。?

案外、日本人は中国の事が好きかも知れませんね。。。

 

ちなみに、項羽の出身は河南省って事で、もう少し内陸の北の方でした。

 

 

今度は、老荘思想とか、儒教の話題を振ってみたいと思っているんですが、

果たして。。。?

 

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)

項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)

項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)

項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)

項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)