読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

好きなピアニスト

今日は何だかとても疲れてますので、音楽のお話でも。

 

高校生〜大学生時代に、モーツァルトのピアノ協奏曲全集やピアノソナタ全集にハマって以来、内田光子さんのピアノがとても好きです。

 

 モーツァルトの音楽はシンプルで易しくて、

良く小学生の高学年〜 中学生の子供が、ふわっとした感じで弾く様なイメージでした。

彼女の演奏を聞いて、とてもショックを受けた覚えが有ります。

 


Mozart- Piano Sonata in B flat major, K. 333- 1st mov. Allegro

 

彼女の演奏は真摯で正確で伸びやかで、

今まで聴いたどのモーツァルトとも違っていました。

きっと、これが本当のモーツァルトの音に違いない!

と、勝手に思ってしまいました。。。

 

 内田光子さんは、世界的なピアニストです。

日本で生まれた方ですが、活動の殆どはヨーロッパ。

その才能が認められたのも、海外ででした。

一度テレビでインタビューの模様を見たことがありますが、

英語バリバリで、堂々としていて、

インタビュアーの質問内容がちょっとでも甘いとバシバシ指摘したりして、

ちょっと日本人離れした人という感じでした。

音楽に対する探究心がものすごくて、それが演奏に良く顕れていると思います。

 

Mozart Piano Concerto No 20 D minor K 466 Camerata Salzburg, Mitsuko Uchida

 

この動画は、オーケストラを自ら指揮しながらピアノを演奏するという

いわゆる「弾き語り」演奏。

モーツァルトの時代、こういう形の演奏が一般的だったとか。。。

モーツァルト(に限らず、演奏する曲全てですが)に対する非常に深い研究が、

彼女にそれを可能にさせるんでしょう。。。

 
緊張感に満ちていて、決して癒し系の音楽とは言い難いのですが、
気持ちが疲れた時に内田光子さんの音楽を聴くと、不思議と癒されるんです。。。
 
是非一度、生で聴きたいと思うのですが、中々来日しない上に
人気が凄くて、一瞬でチケットが売り切れるし、その上高いという。。。 (^_^;
まあ、でもそのうち。。。一度くらい聴いてみたいです。