読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

【雑談】秋葉原の電器店の栄枯盛衰と音楽

 

おにぎり2個とサンドイッチ。

  

今朝、コンビニでお昼に食べるものを買いに行きました。

お姉さんがレジを打ち始めます。
私は、久々にレジを打つ手に熱い視線を送っていました。
 
果たして。。。?
お姉さんが最後に押したキーは何と
 
29」でした。
 
「よしっ!」
私は、そっと拳をにぎり、控えめなガッツポーツを決めて
コンビニから去ったのでした。。。。
 
でもよく考えると、いくら何でも20代は無いでしょう。
きっと、お姉さん面倒くさくてテキトーなキーを打ったのね。。。(苦笑)
 
話はコロっと変わって、以前にもご紹介したアニメ「じょしらく」最終回の
動画を観ました。
じょしらく」については別途語らせて頂くとしまして、
今日はそこで紹介された、秋葉原の大きな電器店のテーマ曲についてです。
 
 秋葉原には戦後直後から創業した大きな電器店がいくつもあります。
秋葉原が「電気街」と呼ばれていたころ、大きな電器店は大繁盛しまして、
いくつも大きなビルを立てました。
この頃、そういう電器店が作ったテレビCMには必ず印象的なテーマソングが
入っていたものです。(地方の方は退屈かも。。。スミマセン)
 
曲はイマイチでしたが、お人形が激しく踊るCMが印象的でした。
お店の前ではいつもこの曲が大音量で流れていて、正直うるさかった(苦笑)
いつの間にか無くなっていました。。。
(2008年営業停止)
 
■石丸電気
石丸電気です。創業1945年だそうです。
一時期は多分秋葉原で一番大きなお店だったと思います。
ここのレコードやCDの在庫は凄くて、大変お世話になりました。
でも、ついこの間(9/12)、店舗は消滅したそうです。
♪石丸〜 石丸〜 電気の事なら石丸電気、石丸電気は秋葉原 ♪
音楽は耳に焼き付いています。
 
1951年創業。手堅い経営で、現在1店舗のみですが健在です。
この曲も耳に残ります。。。
 
ラオックスのCMは余り印象に残っていません。
最後の ♪らおっくすぅ〜♪ だけしか印象にありませんね。。。
1930年創業。一時は石丸と並んで、ビルを幾つも立て、
飛ぶ鳥も落とす勢いっていう感じでしたが、今は見る陰も有りません。
コンピュータ館とか残っていて欲しかったんですけど。。。
 
ソフマップのCMソングは、一番出来が良いんじゃないかと思います。
耳に焼き付くし、それなりに良い曲。。。の様な気がします。(洗脳済 (^_^;)
この曲を聞きながらパソコンを買ったりすると、
非常にテンションが上がったものです。(笑)
1982年創業。急速に発展しましたが、今はビックカメラの傘下に。
かつての勢いはもうありません。
 
 
新宿からやってきた巨大店。
駅前にデーンと構えています。
電気製品、カメラ、CD、オモチャ、書籍、文房具、眼鏡、自転車。。。
もうこの店だけで何でも揃ってしまうため、
秋葉原の街へくりだす回数も減ってしまいました。
アキバの大型店衰退の原因の一つでしょう。
でも、とても便利。。。
 
 
 ヨドバシを除く大型店舗は何故衰退してしまったのでしょう。。。?
 戦後から、経済発展する一方の世の中の中で、店舗を拡大し
今売れているものを、大量に売りさばいていたんでしょう。。。
時代が変わり、環境が変わり、昔と同じ様には売れなくなり、
店を巨大化し過ぎていた故に上手く変化に適応出来ずに
衰退していったのでしょう。。。
まるで恐竜の絶滅の再現の様に見えるのは、私だけでしょうか。。。?
 
生物学では「強い」とは、急激な環境の変化に適応出来る 事を意味します。
身体が巨大になる、規模が大きくなる、特定の事だけにやたら特化する事は、
実はその種が「弱く」なる事を意味するんです。。。
アキバの大型店は、高度成長期の中、
実はどんどん「弱く」なっていたのかも知れませんね。。。?
 
 
随分涼しくなってきました。
久々に、アキバの街を散歩してみたくなりました。。。