読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

私が(まだ)タバコを吸わない理由

思い出

f:id:shobuno:20121020111030j:plain

歩いていると、どこからともなくいい香りが漂ってきました。

見上げると、キンモクセイの花が満開に咲いていました。

私の大好きな香り、キンモクセイ。。。

 

今日は香り繋がりで、タバコにまつわるお話を。(苦しいぃ。。。)

 

 私はタバコを吸いません。

最近では、喫煙者に対するパッシングがハタから見ても酷い状況ですので、

自分が吸わない人で良かったと思わなくもないのですけれども。。。

 

ソフトウエア開発の仕事って、一昔前は

狭い部屋に沢山こもって、煙をモクモクさせて、

キーボードもコンピュータ本体もヤニで黄色っぽくなる

みたいな世界が残っていて、

タバコを吸う人に対して、特に何とも思わない。

隣に座っている人がタバコを吸っても何とも思わなかったのですが、

自分では、決して吸おうとは思いませんでした。。。

 

 私がタバコを吸わない事にしたのには、理由があります。

あれは、私が小学4〜5年生(多分5年生)の頃。。。

 

当時、小学校の教室の前には、色々な保健的なポスターが貼られていました。

その中でも特に印象に残っているのが、喫煙の害についての説明用ポスターでした。

本物なのか模型なのか。。。

真っ黒になった肺の写真や、肺の切断写真。

何故か真っ黒になっている心臓の写真。。。

喫煙をすると、内臓にどれほど悪影響を及ぼすのかが、

分かりやすくもグロテスクに説明されていました。

毎日目に入るポスターだったので、いい加減いやな気持になっていた事に加え、

トドメとなる出来事が発生しました。

 

あれは、遠足(か社会化見学)のバスの中での会話でした。

隣には、最近親しくなった友人Y君がいました。

彼はちょっと大人びた少年で、私の知らない色々興味深い話をたくさん語ってくれました。

あの日の会話もそんなものの一つだったのですが。。。

 

Y「ねえ、知ってる?」

「?」

「タバコを一本吸うと、寿命が5分 縮むんだって。」

「えっ? ホント?」

「本当。だから僕は大人になってもタバコを吸わないと思う。」

「へぇ。。。 じゃあ僕もやめるよ。。。」

(まだ吸ってないだろう? (^_^;)

 

この時の「決意」が、何となく残っていて、

大人になっても、タバコに対する好奇心とか、

吸ってみようかという気持ちにならず、

結局、「タバコを吸わない人」になっていました。

 

 私に禁煙を進めた彼、Yさんはというと。。。

(ヘビースモーカーにでもなっていたら、このお話の良いオチになったんでしょうが

 残念ながら(?))吸わない人です。

彼も、あの時の気持ちを覚えていて、そうしたのかは謎です。。。

 

 

 最近考えたんですが、あれだけたくさんの愛煙家が世界にいるのですから、

何かいい事も有るんじゃないかと。。。

何でも食わず嫌いで手を出さない事って、ちょっと勿体無い事ではないかと思い始めました。

 

でも、寿命を縮めてしまうのも、何だか怖い。。。

 

という事で。

 

80歳の誕生日を無事に迎える事ができましたら、

タバコに挑戦してみようかと、結構マジメに考えていたりします。。。(苦笑)

 

オマケ:あ、書くのを忘れていました。Yさんは、人類衰退のYさんではなく、

    ユースフさんの事です(笑)