読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

プラネタリウムマン(ハロウィンの思い出)

思い出 お題

 またしても、お風呂で寝落ちしてしまい(苦笑)、

今から更新です。。。

 

 ダイアリーの方のお題が、「ハロウィン」なので、今日はその話です。

日本ではイマイチ盛り上がらないこのイベントですが、

 妻がママ友グループを仕切っていた関係で「ハロウィン」は、

我が家では結構メジャーなイベントでした。

近所の同じぐらいの子供たちを持つ親たちと一緒に、

ハロウィン企画で遊んでいました。

 

f:id:shobuno:20121030011440j:plain

初めは大人しく(?)家で食事会をしていたのですが。。。

 

f:id:shobuno:20121030011519j:plain

だんだん、熱が入っていき。。。

 

f:id:shobuno:20051026001756j:plain

自宅だけでは満足できなくなくなり。。。

 

f:id:shobuno:20061106010005j:plain

(これは私の傑作。。。(笑))

 

f:id:shobuno:20071105013037j:plain

終いには、会場を借りきったり、近所をパレードしたりと(苦笑)

エスカレートしていきました。

 

子供たちが仮装して、近所をねり歩いていくと。。。

Yくん(娘の幼友達)の家に到達しました。

玄関を開けると、何故か誰もいなくて、

子供たちは家の中に入って行くと。。。

真っ暗な部屋に、

巨大なカボチャを被った全身黒タイツの男(Yくんパパ)が

ポツンと体育座りしていて、子供たちが絶叫とか。。。

(シュールだ(^_^;)

 そんな事をしていました。

 

掲題の「プラネタリウムマン」も、そんな類いの一つでした。

大人の科学のプラネタリウムを作っていた私に妻が

「プラネタリウムマンでもやって。」

「え?! プラネタリウムマンって何??」

仕方なく、慌てて「台本」を考えました。。。(^_^;

 

会場(我が家)でみんなで会食していると、不意に部屋の照明が落ちました。

ベランダの方でゴソゴソ音がして、みんなが注目します。

ガラス戸が空き、何故か頭から紙袋を被った男が入って来ました。

男は陽気な声で話し始めます。

 

「わっはっは。。。みんな、楽しんでいるかな?」

 

絵的に相当怖いので、子供たちはドン引きです。。。(笑)

そんな空気を物ともせず、怪人は続けます。

 

「私の名前は、プラネタリウムマンだ。ハッピーハロウィン!!」

 

男は手にした装置にスイッチを入れます。

すると、装置から細かい光が出て、部屋中に星が表示されます。

部屋全体が夜空になった様。。。

子供たちは、

「わっ!」と歓声を上げます。

 

怪人プラネタリウムマンは、ハロウィンのウンチクや、

星の話とか、テキトーな事をひとしきり語った後、

 

「じゃ、私は星へ帰らなければならないので、さらば!」

 

とか言って、ベランダへ出て行ったのでした。。。

 

この謎のプラネタリウムマン、相当インパクトが有ったみたいで(苦笑)

その後、子供が悪さをすると、

「そんな事をしていると、プラネタリウムマンが来るよ!」

とか、活用されていたそうです。。。

 

子供たちが大人になって、ブログで「不思議な話」とかのネタにされないか、

私はちょっと心配です(笑)

 

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )