読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

曲がった剣(剣道の思い出)

思い出

 小学生から中学生のころ、剣道をやっていました。

小さい頃、とても体が弱い子供だった事もあって、

母に無理やり勧められて始めて、最初の頃は行くのが嫌で嫌で、

(本当に)泣きながら通ったものでした。

 

 剣道というものは、中々センシティブなスポーツです。

勝負は一瞬で決まります。

ほんのちょっとでも油断したり、弱気になったり、集中が途切れたりすると

そこを突かれて、バシッと打たれたりしてしまいます。

 

 私は小さかったけど、負けず嫌いですばしっこくて器用だったので、

そこそこの強さでした。

ただ、地元の大会になると最初は良い感じで、上級生とかに勝ったりしたのですが、

勝ち進むにつれて、頭の中が優勝トロフィーを貰う事で一杯になってしまって(苦笑)

結局優勝を逃してしまうという感じでした。(プレッシャーに弱いんですね (^_^;)

 

 毎年、区の大会が有って参加していたのですが、

ある時期(小5ぐらい?)から、「初戦は必ず勝てる」状態になりました。

私はある「秘策」をあみ出したのです。。。

(地元の大会には効果ありません(笑))

 

それは。。。

 

大会の会場に着くと、すぐにトーナメント表を確認します。

相手はどこの誰かというのを先ずチェックします。

そして、その子が誰なのかを確認しに行きます。

その子を遠目から観察します。

大柄で結構強そうな感じだと、「シメシメ。。。(笑)」とほくそ笑みます。

自分の場所に戻り、親しい友人数名を呼びます。

そして、彼らを連れて、相手の近くに行って、

私をいじめる演技をしてもらいます。。

こんな感じ。。。

 

(友人)「お前、またナマイキな事をオレに言っただろう?」

(私)「わーん、ゴメンナサイ。もう言わないから許して〜。」

(チラっと対戦相手を見て、こっちに気がついている事を確認。)

(友人)「ゆるさん!」とか言って追いかける。。

(私)逃げようとして、足をもつれさせて転ぶ。。。「ああ。。。」

(チラッと対戦相手を観察。蔑む様にこっちを見ているのを見て、

 「よし!」と小さくガッツポーズ。。。(笑))

 

お膳立てが上手く行くと、後は簡単です。。。

試合直前、相手の方を見ると「敵」は周囲に、

「あいつ弱いから楽勝だよ」とか言って笑っています。

 

竹刀を合わせて、向きあっても相手の目が笑っています。。。

「始め!」

声が掛かると、私は電光石火の勢いで相手に打ちかかります。

「面!」 バシッ!!

「一本!」

面白い様に決まります。

相手の顔に驚愕の表情が浮かぶ頃には、もう一本頂いています。。。

こんな感じで、初戦は無敵、というか初戦に全てをかけていました(苦笑)

 

そんな話を妻にしたところ呆れた様に、

「あんたのソレは「剣道」じゃない。曲がった剣だ。」

と言われてしまいました。。。

 

でも。。。

 

孫子の兵法にも

「善く戦う者は勝ち易(やす)きに勝つ者なり。

 故に善く戦う者は勝つや、智名なし、勇攻なし。」

「戦いは奇をもって勝つ。」

と言うじゃないですか。。。

(やっぱり違うかも。。。 (^_^;)