読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

研修アップ (今はなき株式会社Mの物語 5/16)

今はなき株式会社Mの物語

研修生時代、朝、寮を出る時に癖になっていた行動がありました。

まだ日が昇っていない暗い空の下、

 

上を指さして

「こっちが上。」

下を指さして

「こっちが下。」

右手を握って

「こっちが右。」

左手を握って

「こっちが左。」

前を見て

「こっちが前」

後ろを見て

「こっちが後ろ。」

胸に手を当てて

「これが私。。。。」

 

何のおまじないだったか。。。

激しい研修の中、何とか自分を見失なわない様にしたかったんでしょうか。。。?

そう、私は見当識喪失を起こしかけていたのでしょう。。。

 

10月に入ると、「社会人研修」は一旦終わって、

「技術研修」が始まりました。

追求の日々は終わり、なんとか6名の研修生が生き残る事ができました。

技術研修では、コンピュータの基礎について社長や、

技術に強い上司から教わりました。

技術に関しては、私はメンバーの中で一番でした。

辛かった日々がようやく終わったと思いました。

 

 

そうそう!

12月の有る朝、目覚めると暖かい日差しに包まれていました。

 

「。。。。? 朝?」

「!! 今何時?!」

 

。。。もう9時でした。

目の前が真っ暗になりました。

「遅刻だ。。。」

急いで着替えて、カバンを抱えて寮を飛び出しました。

間に合う筈も無いのに、駅まで必死に走って、

電車に飛び乗って。。。大阪に着いたら、また走って。。。

アプローズタワーの階段を必死で駆け登って。。。

 

皆の前に着いた時には10時を回っていました。

みんなの顔が青ざめている様に見えました。

誰も私に声をかけてきません。

私は、社長室に向かいました。。。

 

遅刻をして、辞めさせられなかった人はいなかった。。。

もうダメだ。。。

 

社長室の前に、一人の社員が入り口の前に立っていました。

彼は東京の若い社員で、結婚祝いを受け取りに大阪本社に来ていたのですが、

寝坊して到着が遅れてしまった人でした。

私と同じ様に、謝罪の為に社長室の前に立っていたのでした。

何たる偶然でしょう。。。(汗)

 

彼は、社長室に入って行きました。

中から、社長の怒鳴り声が聞こえてきます。。。

しばらくして、しょんぼりと彼が出てきました。

(後で知ったのですが、間もなく彼は退職しました。。。)

 

次は私の番でした。。。

入室し、社長に、寝坊して遅刻した旨を報告し、

ひたすら謝罪しました。

 

社長は無言で暫く私を見ていました。

ポツリと静かに一言。

「寝坊なんて二度とするな。辞めさせるぞ。」

それだけでした。。。

 

タイミング(?)が良かったのか、私を辞めさせるのは惜しいと

思って貰えたのか。

今でも謎です。。。。

 

研修室に戻って、社長の様子を伝えると、

みんな、信じられないという顔で私を見ていました。

一番びっくりしていたのは私だったと思いますけど。。。

 

 

12月が終わり、年が明けてもても研修は終わりませんでした。

「一体、いつになったら仕事が出来る様になるんだろう。。。」

毎日みんなで話していました。

 

世の中、バブルが崩壊して仕事が少なくなっていました。

新人に担当させられる仕事が不足していたのでしょう。。。

 

永遠に続くかと思われた研修でしたが、

翌1月の末頃に突然終わりを告げられました。

 

お昼頃に突然、東京メンバー(3名)が呼び出されました。

「君ら、今日で研修アップや。明日から東京へ行ってもらう。

 今から寮に帰って片付けて、深夜バスで東京へ行きなさい。」

 

「ええっ?!」

 

急ぎ寮に帰って、必死に片付けました。

10ヶ月も住んでいたので、荷物はかなりの量になりました。

ダンボール10箱以上?)

夜まで片づけは終わりませんでした。。。

 

深夜バス出発ギリギリに、なんとか間に合い、

バスの座席に座りました。

疲れきっていたので、すぐに眠ってしまいました。。。

バスは東京へ。。。

長く辛かった大阪での研修の日々はこれで終わったのでした。

 

 

書ききれなかったエピソードは有りますが、

これでいったん、研修生時代のお話を終えたいと思います。

 

(オマケ)

f:id:shobuno:20121205013115p:plain

ちょうど私が研修生だった頃、「ゴジラ対メカゴジラ」が公開されました。

ゴジラアプローズタワーの近くを歩きました。

夕刻のアプローズタワーの映像は、実際の写真をはめ込んだもの。

今はなき株式会社Mのフロアに煌々と灯がともっています。

 

たとえゴジラが来ても、M社だけは関係なく営業中だ。。。

もしかしたら、この映像が撮られた時、

窓の奥では我々が「研修」していたかも。。。(笑)

 

後日、元研修生のみんなで一緒にこの映像を見て、

涙が出る位、笑いあったものでした。。。