読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

デラックスで行きましょう!

つぶやき

「で、新しい画面の仕様だけど。。。」

私(仕事モード)が、担当者に説明しています。

「この部分はどうします?」

「お客さんの要望は◯◯が出来れば良いって事なんだよね。

 実装するとすれば、最低△△が有ればいいけど、

 できれば◇◇まで付いているとより良くて、

 さらにデラックス版だと、☓☓まで一緒に出来てしまう感じかな?

 出来れば「デラックス版」まで行きたいな。。。」

「あの。。。」

「え?」

「どうでも良い話ですけど、「デラックス」って死語ですよね?(笑)」

 

ああ! そう言われると確かに。

 

こういうケースで更に古い言葉「松竹梅」とか使うけれども、

「デラックス」という言葉も、「昭和」を連想する言葉の様な気がします。

(松竹梅って言っても通じない部下がいました。。。)

 

あっ。今日もこんな感じで、どうでも良い話です。。。(苦笑)

 

本来、デラックスっていうのは英語のdeluxeな訳で、

普通の英単語なのですが、「デラックス」とカタカナで書くと、

何か違うニュアンスが付く様な気がします。

 

金色の紙を貼ったプラスチックで出来た何かみたいな。。。

無理やり高級感を付けようとして、ちょっと失敗してしまったような何か。。。?

子供の頃に、その手の「デラックス」が、世の中に溢れかえっていた様な気がします。

世の中イケイケで、誰もがより高級っぽいものを目指していた時代の香り。

そんなイメージでしょうか?

 

確かに、最近は何とかデラックスとかいう人物がいる以外では

デラックスという言葉は、余り使われなくなった気がします。

「死語」なのかも知れません。

 

ひょっとして私が設計するシステムは、「デラックス」なんでしょうか? (^_^;

 

f:id:shobuno:20121206004743j:plain

明治デラックスチョコレート。

(今でも売っているのかな?)