読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

ドリフの大爆笑風に。。。(Google医者(再))

創作 つぶやき

(このお話は、昼食中の同僚との冗談話をヒントに作ったフィクションです)

 

(看護婦)「次の方、どうぞ!」

(患者)「はい。(ドアを開く音)お願いします。」

椅子に腰掛ける医者。デスクにはモニタが有り、レントゲン写真の映像が写っている。

(医者)「お掛けください。。。どうしました?」

(患者)「はい。ここ数日、体がだるくて、喉が腫れて、関節が痛くって。。。」

(医者)「そうですか。 チョット口を開けて。」

(患者)「はい。」

喉を見る医者。見終わると、机に向かいキーボードを叩き始める。

(医者)「えっと。。。「喉が腫れている」っと。。。」

(患者)「?」

(医者)「では、胸を開けて。」

(患者)「はい。」

聴診器を当てる医者。再びキーボードに向かう。

(医者)「えーと、「心音」は正常だが、「肺に異音有り」。。。エンターっと。」

画面にGoogleの検索結果が表示される。

(医者)「500件ヒットかぁ。。。」

(患者)「せ、先生?」

(医者)「んーと、食欲は?」

(患者)「あまり無いんです。。。」

(医者)「「食欲は無し」っと。。。394件かぁ。。」

先頭行をクリック。。。goo知恵袋のページが表示される。

(医者)「おお! ピタリのが有った。。。

     どれどれ。アレ?まだ回答がないじゃないか。じゃ、違うのを見るか。」

(患者)「あの〜先生? 」

(医者)「(何件かクリック)。。。うーん、風邪かな? クスリは、えっと。。。」

(患者)「ダメだこりゃ (´・ω・`) 」

 

 

 こんな医者はいないでしょうし、絶対かかりたくないですが、

システム開発の世界に置き換えてみると。。。当たり前の様に有るんです。

プログラミング中にちょっと躓(つまづ)くと、

google先生に頼り、合いそうなコードをコピーしてそのまま使ったりもします。

プロフェッショナルたるもの、きちんと技術を勉強して身に付けろと思うのですが、

日進月歩のこの世界、こうでもしないと、とても追いついて行けないのも事実です。

 

「人体」というシステムは、バージョンアップとか無いから、

お医者さんは、google先生に頼らなくともやって行けるんでしょうか。。。?

 

 

(オマケ)

ドリフのコントから。

(久々に見たけど、やっぱり面白いや。。。)

加藤&志村のおもしろコント10