shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

おテルさん

f:id:shobuno:20121219064621j:plain

今朝の日の出。。。キレイな空。

 

中学生になる位まで、毎年夏休みになると、

富山県(入善町)にある母の実家に行くのが楽しみでした。

当時、板葺きの古い大きな家でした。

玄関があって、土間があって、上がると大きな畳の部屋が幾つもあって、

奥にはまた、土間があって土を盛ったような大きなカマドが有って、

お風呂は五右衛門風呂で、木の板の上に乗りながら浸かりました。

柱は黒く煤けていました。

おじいちゃん、おぼあちゃん、お母さんの弟、ひいおばあさん(おわわ)、

良くわからないおばさん達が、出たり入ったりして。。。

子供心に、この家には一体何人の人が住んでいるのか、

良くわからない感じでした。。。(笑)

 

 家族に、おテルさんというおばさんがいました。

とても優しくて面白いおばさんでした。

大人達が、田んぼに出かけて留守の間、良く遊んでくれました。

一緒にかくれんぼしたり、トランプをしたり、

川で遊んだり、お話をしたり、

買い物へ行ったり。。。

一日中飽きもせずに一緒に過ごしてくれました。

 

小さい頃の私は、じっとしているのが大嫌いで、

いつも何かをしていないと我慢できない子供だったので、

付き合うのはさぞ大変だったろうと思います。。。(苦笑)

本当に私とおテルさんは、いつも一緒の友達みたいに、

大の 仲良しでした。

 

小学校低学年のころ。。。

いつもの様に、おテルさんと遊んでました。

何をしていたのか、良く覚えていないのですが、

私はおテルさんに、

「この本の、ここを読んでよ!」

と言いました。

おテルさんは、ちょっと困った様な表情を浮かべて何も言いませんでした。

私はその表情を、「私に意地悪をして読まないんだ」と思ってしまいました。

「ねぇ、読んでよ!」

それでも、おテルさんは困った様な苦笑いを浮かべたまま、何も言いませんでした。

「どうして? どうして読んでくれないの?! このページだけで良いから。。。」

私は悔しいやら、悲しいやらで、だんだん腹が立ってきました。

 

それを見たおばあちゃんが、慌てて私の所に来て言いました。

「shobunoちゃん、おテルさんは読めないんだよ。ゴメンね。。。」

「え?! どうして??」

私はびっくりしました。何だ、それならば。。。

「じゃあ、ボクが教えてあげるから、一緒に読もうよ!」

おテルさんは、ちょっと悲しそうな顔をしました。。。

 

いくら教えても、おテルさんは文字を覚える事はできませんでした。

 

後で母から、おテルさんは生まれつき障害が有ること、

だから、いくら練習しても文字を読み書きすることは出来ないという事を

教えられました。

 

 文字は読めなかったけれども、おテルさんは他のどの大人よりも優しくて、

楽しくて、面倒見が良くて、それからも変わりなく一緒に遊んでくれました。

 

私が中学生になって、なかなか帰省できなくなっても、

電話で色々話をしてくれたり、お小遣いを送ってくれたり、

いつも私の事を思ってくれていました。

 

最後におテルさんに会ったのは、10年以上前。。。

おばあちゃんが亡くなって、お葬式に行った時でした。

大勢の人がお葬式に集まってきて、

私も妻を連れて久々に富山の家に行ったのですが、

すっかり年を取ってしまったおテルさんは、大勢の中

何をしたら良いのか分からず、部屋のスミで小さくなっていました。

「shobunoですよ」

「ああ。。。shobunoちゃん! 大きくなったねぇ。。。」

不安そうな表情を浮かべていたおテルさんでしたが、

私を見てパッと明るい表情になったのを覚えています。。。

 

 

母から電話があり、おテルさんが先日亡くなった事を聞きました。

おテルさんは、私のひいおばあさんの産んだ最後の娘。

私の「大叔母」でした。

 

 

目をつむると、彼女の元気だった姿や声が鮮明に思い浮かびます。