読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

たこ焼きの話

f:id:shobuno:20121223182448j:plain

日曜の夕方は、妻が合氣道の稽古へ行ってしまうため、

私が夕食担当になります。。。

まあ、大抵は妻が用意した物を温めたり、魚を焼いたりするだけなのですが、

今日は子供たちが、たこ焼きをリクエストしてきましたので、

私がイチから仕切る事になりました。。。

 

 高校生の頃、近所に「大阪風」のたこ焼き屋さんが来るまで、

私はたこ焼きが嫌いでした。

関東風と言ったらいいのでしょうか?

私が知っていたたこ焼きは、中までフカフカで、

「お好み焼きを丸く焼いてタコを真ん中に入れたもの」でした。

具の中にキャベツ、ネギ、生姜が入っていました。

これを食べる位なら、お好み焼き(関東風)の方が美味しいと思っていました。

 

 近所に凄く美味しいたこ焼き屋が出来たと教えてくれたのは、弟でした。

余り関心を示さなかった私に、1パック、20個入のたこ焼きを差し出しました。

一口食べて衝撃を受けました。

「う、美味い!!」

いわゆる、表面はカリッとして中身はモチモチでした。

これがたこ焼き?! 今まで食べていたのは何だったんだ。。。?

 

 それから、たこ焼きにハマった訳なのですが、

残念ながらそのたこ焼き屋さん(一般の民家で、不定期に店を開く感じ)は、

その後すぐに店じまいしてしまいました。

 あの味が忘れられず、弟と私は何度も挑戦しましたが、

再現するまでには至りませんでした。

 

 就職して、大阪でしばらく研修を受ける機会がありました。

そこで、本場のたこ焼きに出会いました。

いや、もう本当に素晴らしかったです。

近所で食べたあのたこ焼きレベルのものは、普通にあちこちで食べる事ができました。

大阪たこ焼きのレベルの高さを堪能しつつ、

その味を脳に刻みつけて関東へ戻りました。

 

 その後、試行錯誤を経て、何とか今の味に辿り着きました。

確かに随分と美味しくなったのですが、これが本場の味なのかと言われると、

ちょっと自信が持てません。。。(^_^;

 

f:id:shobuno:20121223200710j:plain

今日のたこ焼き。鍋いっぱい生地を作りましたが、子供二人と私で完食しました。

お腹が一杯。。。

 

 

(おまけ)

★shobuno家特製たこ焼きレシピ★

 

<材料(4人前位。今日はこの倍量作りました(苦笑))>

<生地>
・小麦粉  300g
・卵 3個
・とろろ芋 15cm位

 

<水分> ※合計で 1,100ccに調整してください。(生地と水分のバランスが大変重要!)
・だし汁 800cc
・牛乳 200cc(最大200cc。無い場合、だし汁をプラス200cc)
・豆乳 100cc (最大200cc。無い場合、だし汁をプラス100cc)

 

<具>
・ゆでたタコ
・青ネギ(小口切り)
・天かす
・紅ショウガ(細かく刻む)

 

<調味料>
・醤油 大さじ1位
・酒 お好みで
・塩 小さじ半分位〜0.75位
  → 生地、水分を全て混ぜて調味料を入れた後、

    味見をして調整してください。
    少し塩味を感じる位が良いと思います。

 

<焼くときに必要なもの>
・たこ焼き器
・油
・油をのばすもの
・ひっくり返すもの(お箸で充分)

 

<食べるときに必要なもの>
・ウスターソース
・青のり
・花かつお等