読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

[[今週のお題]]「バレンタインの思い出」

このネタは、去年も書いた様な気がしますので話題が重複してしまうかも知れせんけど
個人的なブログですから、ま、いいかな。。。?


まあでも、考えてみると「バレンタインデーでドキドキ」みたいな経験って
男性は少ないんじゃないかと思ってしまいます。
 自分を好いてくれる人は、事前に大体分かっているし、
ましてや「彼女」みたいな人から貰うのは、「既定路線」(!?)な訳で、
「ありがとう」って思っても、あまり「ドキドキ」しない訳です。
 日頃お世話になったり、お世話をしている方から貰うのは、
これはいかにも「義理チョコ」な訳で、やっぱり「あ、チョコもらえてラッキー!」
と思っても(私は、結構チョコ好きです(^_^;)、やっぱり「ドキドキ」しない訳です。
そう思うと、
「え!? あの人から貰えるなんて!?(ドキドキ)」
なんていうシチュエーションは、男性には少ないんじゃないかと。
あ、女性発のイベントですから、当然かも知れませんね。。。。


と、ここまで一所懸命伏線を張ったので(?)
後は言わずもがなですけど。。。(苦笑)

「ドキドキ」した思い出はあんまり無いですね。
「shobuno、チョコ貰えなかったでしょう? 可哀想だからコレ、持っていきな。」
「あ、ありがとう〜(涙)」
という記念すべき初チョコ(?)は、クラスの親分格の女の子からの義理チョコ
(の余り(苦笑))でしたし、
小〜高校時代はずっとそんな感じでした。
大学生になって、サークル(女性含有度のかなり高い)の運営をやる様になって
いきなり、毎年大量のチョコを頂ける身になりましたが。。。
あれは余りに大量で、親にどう説明したら良いのか、違う意味でドキドキしました(笑)


最近は、毎年3つずつ。
妻と、娘と、何故か妻のお母様。。。


最近は娘から貰うのが一番嬉しいかも。
な〜んて言うと、自分もすっかり年をとったものだと実感しますね(笑)