読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

私は観察されている。。。

 帰宅時に、マンションのエントランスで若い男の人(住人だろうと思われる)と

一緒になりました。

軽く会釈して、エレベータに向かいました。。。

彼が先にエレベータに入って、私が行く先階ボタンを見ると、

「8」と「5」(私のフロア)が光っていました。。。。

うっ。。。向こうは私を知っていたっ!!!(冷汗)

 

こういう事って良くあるんです。。。

人の顔を覚えるのが苦手ってレベルじゃないですね。。。(苦笑)

 

 道を歩いていると、子供たちのお母さん世代のご婦人に、

良く微笑みなかけられながら、挨拶を受けます。

私も微笑んで、「ああ、こんにちは!」と挨拶を返しますが、

相手が誰なのか、分かっているケースはほぼ有りません (^_^;

 

 周りのみんなは、私のことを良く知っているのに、

私は周りの人たちの事を殆ど知らない。。。

 

そんな感じの映画が確か有ったっけ。。。

そうそう!

 

トゥルーマンショー」だ。

 


「トゥルーマンショー」789junオリジナル予告編ver1(非公式)

いえ、トゥルーマンショーについて語りたかった訳じゃなかったんですが。。。

(どうも、今日は調子が悪いです (^_^; )

 

このままでは書こうとしていた本題に辿り着けそうに無いので、

今日はダラダラと、トゥルーマンショーの話でもしましょうか。。。(笑)

 

 私だけがこの世の中で特別で、周囲の人たちは私を支える為に存在している。

そんな風に考えた事は有りませんか?

この考え方は、あながち間違いではないんじゃないかと思うんですが、

(だって、自分にとって「自分」という存在は世界の中心な訳ですし、

 自分が死んだら、「世界」を観察する対象がいなくなる=世界が終わる

 と考えても別に間違っていない。。。要はどこを視点に物事を見るかという

 だけの話である訳で。。。ああ、話がクドくなりすぎましたね。止めます(^_^; )

それはそれとしまして、私は幼い頃からそういう考えを持っていた子供でした。

 

夜私が眠ると、周りの人たちは、

「ああ、やれやれ。やっと寝てくれたか。これで一休み出来るぞ。」

とか言って、自分の場所に戻って行くものだと思っていました(笑)

お父さんも、お母さんも、私の家も、外にいる人達も、鳥も、空も、

みーんなどこかへ帰ってしまって、

私が起きると、みんな慌てて戻ってきているんだと思っていました。。。

(何でそんな事思っていたんでしょうね(笑))

眠たくなると無性に淋しくなって、

「お母さん。ぼくが寝たらみんなどこかへ行ってしまうの?」

と泣きそうになりながら、尋ねたものでした。

息子がそんな妙な事を考えている事とは夢にも知らず、母はやさしく

「大丈夫、どこにも行かないわよ。」

と言ってくれましたが、私は密かに

「ウソだ。 みんな何処かへ行ってしまうに違いないんだ。」

と頑なに信じていました。。。(何故にか知りませんが(笑))

 

 

トゥルーマンショー」は、そんな誰しも考えた事の有る様なお話を

実際に表現してしまった映画です。

若きジム・キャリーの演技も素晴らしい。

私の大好きな映画の一つです。

また観なおしてみたいな。。。

 

 

今日はこのぐらいで。

願わくば、このブログを書いている私が、世界放映されていない事、

私が眠っても、みんな何処かへ帰ってしまわない事を祈りつつ。。。

 

オヤスミナサイ(笑)