読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

殺気

つぶやき

f:id:shobuno:20130202101503j:plain

今日は凧揚げ大会!

と勇んで出かけたのですが、会場の公園に行っても誰も来ません。。。(汗)

ただ、池に水鳥がのんびりと遊んでいるばかりです。

 

これは、日付とか場所とか間違ったんじゃない?

 

妻にメールをしても、

「知らない。そこでしばらく遊んでいれば?」

という、投げやりな返事が来るばかり。。。

 

だ、騙された。。。 (^_^;

 

まあ、そこで呆然としていても仕方ありませんので、

息子に、持ってきた凧を飛ばさせてみましたが、

今日は生憎の小春日和です(苦笑)

風が殆ど吹いていない穏やかな天気でした。。。

 

息子が芝生のグランドを走り回るも、凧はすぐに地面に激突。。。

すぐに飽きて、水鳥にちょっかいをかけ始めました。

私のも、ちょっと飛ばそうとしましたが、やっぱり風がないとどうにもなりません。

このままでは、二人の凧が無駄に破壊されただけで終わってしまいますので。。。

早々に揚げるのを諦めました。

 

 公園の遊具で子供たちを遊ばせながら、

迎えにきた妻としばらく立ち話をしていたのですが、

若い男がすっと近づいてきて、妻の首のあたりに手を伸ばしました。

妻は反射的に彼の腕を取り、投げの体制に入りかけて動きをストップしました。

 

「あー、鳥さんがあそこにいるよ。」

 

彼は妻にそう言って指を指しました。

(妻)「ああ、そうだね。。。鳥さんだね。。。」

 

びっくりした。精神に障害の有る人なんだ。。。

思わず身を固くした私でしたが、その声を聞いて緊張が緩みました。

と思ったのも束の間、次の瞬間、彼は私の腕を掴んでいました。

彼は私を見て

「うさぎさん。。。」

と言いました。

妻も「うさぎさんだねぇ。。。(笑)」

 

「え? 私がうさぎさん?? (^_^;」

 

それにしても、ショックでした。

彼が私の腕を掴むのを、全く予測できませんでした。

気がついたら掴まれていました。

 

一応、剣道の有段者で。。。(まあ本当に一応ですけど (^_^;)

反射神経は意外と良い方だと日頃思っていた筈なのですが。。。

「殺気」や「悪意」が全く無い人が相手だと、為す術が無いんです。。。

 

妻も大きなショックを受けた様で、

「あれが本当の無の境地だわ。 私もまだまだね。。。

 それにしても危なかった。

 もうちょっとで彼を投げ飛ばしてしまう所だったわ。(苦笑)」

呆然とした感じでつぶやいていました。

 

 

ああ、そうそう。

凧あげ大会ですが、本当は明日開催予定だったとの事でした。

どうりで誰もいなかった筈だ(笑)

その上、主催者がインフルエンザに罹ってしまった為に、

明日も中止になってしまいました。

 

このままでは、折角の凧が浮かばれません(凧だけに (^_^;)ので、

近々風の強い日にでも個人的に揚げに行く事にします。。。