読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

リアルディズニー。。。

 今日は会社を往復して仕事をしただけの1日でした。 

ちょっと感受性が低下している感じです。

仕方ありませんので、不思議な思い出話でも一つ。。。

 

 何年か前、東京都足立区にある生物園に行った時のお話です。

生物園の一角に大きなガラス張りの建物がありました。

ドアが二重になっていて、中にいる生き物が外に逃げない様な造りになっていました。

子供たちと中に入ってみると、細長い通路になっていて、

片側に手すりが付いていて、そこから下を眺めると、沢山木が植わっていて、

木には鳥が入る箱とか、餌台とかが作られていました。

 

 木が鬱蒼としていて、小鳥の声はするのですが姿は全く見えませんでした。

いつまで待っても鳥の姿が見えないので、子供たちも飽きてしまい。。。

 

何もないから帰ろうか。

 

と思った時に、ドアが開く音がしました。

振り返ってみると、60過ぎの小柄のおじさんの姿が見えました。

そのオジサンがニコニコと私達に話しかけてきました。

 

「鳥、たくさん見たかい?」

「いいえ。声はするんですけど、姿は見えませんね。。。」

オジサンはにっこりと笑って言いました。

「どれ。見せてあげようか。。。」

「えっ??」

 

オジサンは手すりの前に立って、茂みに向かうと、

口笛を吹き始めました。

 

ピコピコピコピコピコピコ。。。

 

 

すると、ガサガサと茂みをかき分ける音がして、

一羽のカンムリヅルが姿を現しました。 

f:id:shobuno:20130205001708j:plain

(一応、カンムリヅルのつもり(笑) 。。。手描きは辛い (^_^;)

 

「うわぁ!」

子供たちが歓声を上げました。

なおも口笛は続きます。。。

 

カンムリヅルが数羽さらに出てきて、

「何か用?」

という表情(?)でこちらを見ています。

更に、数十羽の小鳥(名前不明)が飛んできて、手すりやら近くの樹の枝やらに

止まって、こっちを見ました。

 

たくさんの鳥に囲まれた情景は、まるでディズニー映画のワンシーンの様。。。

(まあ、キャラクターにやや問題有りですが(苦笑))

 

「ど、どうしてですか??」

私の問いかけに、オジサンは

「誰にでも出来る事だよ。」

と笑うばかり。。。

 

 

 その後、何度か生物園に行きましたが、そのオジサンに会う事は有りませんでした。

試しに私も口笛を吹いてみましたが、あの時の様に鳥たちが集まる事も無く。。。

好奇心の強そうな小鳥が一羽、ぷいっと来て、

「なーんだ。。。」

という表情を浮かべて(?)すぐに立ち去っていくのみでした。。。

 

 

あの人は何だったのでしょう。。。

人は鍛錬すれば、動物と仲良くなれたりするんでしょうか。。。?