読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

今週のお題「最近あった良いこと」

今週のお題「最近あった良いこと」

f:id:shobuno:20130205063637j:plain

(空は良いな。。。)

 

ああ、最近いい事無いなぁ。。。

 

何となく朝起きて

何となく仕事に行って

何となく仕事して、

何となく家に帰って

何となくブログ書いて  ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

何となく疲れて寝て。。。

 

原因は分かっているんですよ。

仕事が泥沼に突っ込んでいて、

周囲は醒めている中、独りでなんとかしようと踏ん張っていて。。。

ああ、何だか虚しいなぁとか思いながら仕事をしているから、

イマイチ元気になれないんですね。

 

こういう時って、周囲が見えてないから、本当はあちこちに転がっている「いい事」に

気付けないんですよね。。。

こういう時こそ「良かった探し」をすべきなんだろうなぁと思うのですが。。。

なかなか。。。ねぇ?

 

そう言えば、(今日は脱線に任せます(笑) 「お題」に辿り着けるのか? (^_^;)

ポリアンナ物語」ではないのですが、こんな事を思い出しました。

 

私が中3の時の事の事です。

 

 私は学校が終わるやいなや、猛ダッシュして家に帰っていた時期がありました。

学校から家まで、1,000メートルぐらい有ったでしょうか?(もっとかな?)

学校を飛び出し、全力で走って、ゼイゼイ言いながら家に帰っていました。

 

間に合うかどうか、ハラハラしながら。。。

 

学校が終わるタイミングが非常にシビアで。。。

間に合ったり間に合わなかったり、半々ぐらいだったかな。。。?

 

猛烈に走っていると、同じように走っている男子生徒がいるのに気づきました。

気をつけてみると、彼も私と同じ様にいつも走っている様でした。

 

彼はどうして走っているんだろう?

 

ある日、信号待ちで一緒に立ち止まった時、彼に話しかけてみました。

(私)「ねえ?」

(彼)「え?」

(私)「どうしていつも走っているの?」

(彼)「え? ああ、そう言えばお前も走っているじゃん。」

(私)「うん。。。僕は大した理由じゃないんだ。。。」

(彼)「僕も。。。」

 

これでは会話が終わってしまう (^_^;

(私)「どんな理由?」

(彼)「。。。ちょっと、観たいテレビが有って。。。お前は?」

(私)「。。。う、うん。。。僕もテレビ。。。」

(彼)「何の番組?」

(私)「(言いたくないなぁ(苦笑))あの、実はアニメを。。。」

(彼)「俺も。。。」

(私)「って事は。。。?!」

(2人)「ペリーヌ物語の再放送かい!?(笑)」

 

。。。いやぁ、男子中学3年生が毎日放課後に、血相変えて走って見る番組が、

「ペリーヌ物語」だったのですから、世の中平和でした。。。(苦笑)

 

ペリーヌ物語 Vol.1 [DVD]

ペリーヌ物語 Vol.1 [DVD]

いや、でも、この作品(特に後半)は、本当に素晴らしいので知らない人は是非。。。

 

息せき切って家に帰って、テレビを付けると 

♪ ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 

 春の風は優しく 優しく頬をなでる さあ、泣くのはおよし ペリーヌ ♪

と歌が流れてくるだけで、涙ぐんでいました (苦笑)

 

ああ、何の話だったっけ??

 

そうそう、「最近あった良いこと」でした。。。(取って付けたように。。。(笑))

 

誰も逃げたくなるような泥沼の開発でしたが、

操作説明をした時、ユーザーさんが目を輝かせて

「これは、凄く良いですね! 助かります!」

と言って下さった事でしょう。。。

 

この言葉を頂くと、今までの嫌な事が全部吹き飛んでしまうから不思議です。