読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

(雑談)あちらのお客様からです。。。

つぶやき

f:id:shobuno:20130217211535j:plain

息子の書いた謎の詩(?)

猛烈に字が汚いんですが(苦笑)、妙に心に響くんです。。。

(下のグチャグチャ(?)も何だかアーティスティック。。。)

これって元ネタが有るのかなぁ?

本人に聞いても要領を得ない答え。。。

真相は闇の中(笑)

 

 今日は1日何だか寒くて、日差しが差し込む南の窓際の床でゴロゴロと

ひなたぼっこをしたり、早速届いた食器乾燥機をセットアップしたりしたぐらいの

何という事もない平和な1日でした。

 

 ぼんやり観ていた子供向けのアニメで、

バーで佇んでいる女性に、バーテンダーが

「あちらのお客様からです」 

と言って、カクテルを差し出すシーンがありました。

(本当に子供向けアニメか?? (^_^;)

 

 こういうシーンって、映画とかドラマとかで良く見るありがちなシーンだけど、

こんな事って、本当に有るのかな。。。?

 

 私が独身の若者だった頃、バーとかに行ったとして

(既に凄いファンタジーですね。。。(^_^; )

これぞという女性を発見したとして、果たしてそんな事が出来るんだろうか?

きっと、そんな事をしたら「ストーカー」呼ばわりされて、警察に突き出されるんじゃないかとか心配で、とてもそんな事は出来ないでしょう。。。

 

外国なら、有るんでしょうか。。。?

ネットで検索すると、結構普通にそうい事があるみたいです。

レストランで小さな子供連れの家族に、老夫婦から。。。

みたいな事も良く有る様なので、そうなってくると、

これは「文化」に近い行為なのかも知れません。。。

 

 

 お話の中では良く有る事で、現実には無さそうな事と言えば。。。

(もう、今日も脱線に任せます (笑))

 

タクシーを呼んで、乗り込むやいなや

「運転手さん、あの車を追って!」

というのが有ります。。。

 是非一度は、こういう事をやってみたいのですが、

中々機会が有りませんね。。。。(笑)

 

 

 タクシーと言えば(。。。(^_^;)、連日深夜(3時頃)まで仕事をしていて、

帰りはタクシーという時期がありました。(バブルの頃ですね)

大体、タクシーに乗り込むと場所を言って、そのまま寝込んでしまって、

家に近づくと運転手さんが、起こしてくれるというのが日常だったのですけれども。。

 

「お客さん。。。お客さん、済みませんが、起きてください。」

「あ、はい。。。着きましたか?」

「いえ、その。。。」

「ん?」

「あの。。。ここは一体何処なんでしょう?」

「えっ?!」

 

 周りを見ると真っ暗で、見たことのない川が目の前を流れていました。

GPSも無い時代、地図を必死にめくっている運転手さんを見ながら、

再び気が遠くなった私でした。。。

 

 

(ここまで書いて、私もあの時の運転手さんと同じ様に、何処に向かえば良いのか

 分からなくて、途方に暮れています。。。(笑))