読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

せいめいのれきしの思い出

思い出 感想

 子供の本棚の隅に、「せいめいのれきし」という本がひっそりと置かれています。

この本は、思い出深い本です。

いつの日か、息子が自分で見つけて手にとってくれないかなぁと思っています。。。

 

 この本に出会ったのは、私が小学生の低学年の頃。(多分一年生?)

雨の日とか校庭で遊べないお昼休み、私は友達と図書室に行くのが楽しみでした。

図書室の一角に、恐竜コーナーが有って、一冊一冊は薄いのですが、

凄い数の古代の生き物の絵本が置いてありました。

(一冊で一種類という感じ)

私は、これらの本を一冊づつ取り出しては、ワクワクして読んでいました。

 

 そのコーナに、「せいめいのれきし」という本はありました。

劇場の様な舞台が有って、司会者みたいな人がいて、

宇宙があって、地球が出来て一幕が終わり。

次の幕が開いて、原始的な生命が生まれて、

次の幕で魚が生まれて大きくなって、

次の幕で恐竜が生まれて絶滅して、

哺乳類が生まれて、人が生まれて。。。

 

次々と舞台の上で生命が進化し繁栄して絶滅して。。。

 

 シンプルな内容ですが印象が深くて、記憶に強く残りました。

この本は大好きで、何度も何度も読み返しました。

 

図書室に飽きて通わなくなって、本のタイトルも忘れていたのですが、

この本の不思議な情景だけは強い印象が有って、心に残っていました。

大人になって、本屋で出会った時に思わず買ってしまいました。。。

 

 この本を描いたのは、アメリカの絵本作家のバージニア・リー・バートンという女性。

 

Wikipediaより引用

マサチューセッツ州ニュートンセンター生まれ。奨学金を受けてカリフォルニア美術学校で絵画を学ぶ。そのかたわらバレエを学び、一時はダンサーを志したが、パートナーだった父親が骨折したことで断念。

1931年、ボストンで教えを受けたギリシア人の彫刻家ジョージ・ディミトリオスと結婚し、海辺の村フォリー・コーヴに住む。

野菜や果物を栽培したり羊を飼育したりなど、自然を慈しんだ生活ぶりが、そのまま絵本の創作主題につながっている。素朴さをや自然との調和を尊重する一方で、文明のもたらす自然破壊に対して懐疑を投げかけている。

最初の絵本、『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』(CHOO CHOO)は長男アーリスのために、第2作『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』(Mike Mulligan and His Steam Shovel)は次男マイケルのために、第4作『ちいさいおうち』(The Little House)は長女ドギーのために描かれた。1964年春、来日。

(引用終わり)

 

 

「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」「ちいさいおうち」は、いずれも名作と呼ばれる絵本ですね。

(子供たちが小さい頃、絵本をたくさん読まされました (^_^; )

彼女の絵本はどれも好きですが、やはりこの「せいめいのれきし」は格別です。。。

 

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)