読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

あきすとぜねこ他 (小学生の頃に流行った遊び)

思い出

f:id:shobuno:20130314175704j:plain

桜の枝の蕾も大分ふくらんで来ました。(う〜ん、ピントが決まらない。。。(^_^;)

 

 花粉に目がやられて、目が痛いんだか眠たいんだか分からない今日この頃。。。

 

う〜む。

 最近花粉にやられてヘロヘロで、あんまり色々考える事がなくて、

今日に至っては、いよいよ書くことが無いので、子供の頃の思い出話に逃げる事にしましょう。。。(またかぁ。。。)

 

 私は、子供の頃の記憶が鮮明に残っているタイプの人間の様でして、

幼稚園児の時代の事とか、小学生、中学生時代の事をわりとくっきりと思い出す事ができます。

高校生時代位からだんだんぼんやりしてきて。。。

最近じゃ、昨日食べたものも忘れてしまう始末ですが。。。(苦笑)

 

 という訳で、今日は小学生の頃に流行った遊びを幾つか書く事にしましょう。。。

 

◆「てんか」

 漢字で書くと、やっぱり「天下」なのでしょうか?

ドッヂボールを使って行う2人ドッチボールみたいなものです。

お互いに10歩位離れて、ちょっと足を広げて立ちます。

ボールを両手に持って、足の間から両手で相手に投げます。

相手に届かない所に投げてしまったら自分の負け。

相手がボールを落としたら相手の負けです。

ボールを受け取る時に、片手で取ったら、片手でオーバーハンドで投げ返せます。

ボールを受け取る時に、手をクロスさせて取ったら、さあ大変。。。

相手は「3歩ロケット」という技を出す事が出来ます。

「3歩ロケット」とは、相手に向かって三歩近づいて、両手で思いっきり上から投げ付けるるという荒業です。。。

小学校低学年位から、かなり流行りました。

 

◆「ドッピン」

 固いコート(コンクリートのエリアを良く使いました。)に大きく

田んぼの田の字を書いて、それぞれの四角に一人づつ(つまり4人)立ちます。

それぞれのエリアに、「大」「高」「中」「小」と書きます。(つまり、大学、高校、中学校、小学校を表します)

ボールを持った人が、自分のコートにワンバウンドさせて、相手(任意の3箇所)に投げます。

相手のコートに入らなければ自分がアウト。

相手のコートに入ればイン。

ちょっと卓球とかテニスに似た感じですね。ネットは無かったけど。

ミスした人は、「小」のエリアに移動し、空いたエリアはすぐ下の人が繰り上がります。4人以上いる場合は、エリア外に出て、順番待ちの人が「小」に入ります。

これは、小学校高学年の時に、非常に流行りました。

毎日汗だくでやったんですが。。。今から思うと謎ですね(笑)

 

◆「東海道五十三次(仮称)」

 机の上に、東海道五十三次の宿場名を書きます(つまり53個)

で、テストが帰ってくると、その点に応じて宿場を進んでいく訳です。

(10点で1つだったかな。。。?)

「オレ、とうとう桑名まで来たぜ!」

「え〜、ボクはまだ浜松だよ。。。」

とかやっていました。。。

これは、私と友人が考えたとてもマイナーな遊びでしたが、結構燃えました。。

 

◆「あきすとぜねこ

 これは、女子の間で流行っていました。。。

あきすとぜねこ」って何の事??と初め思いましたが、

これは恋占いの一種で、

「あ」愛している

「き」嫌い

「す」好き

「と」友達

「ぜ」絶交

「ね」熱中している

「こ」恋人

を意味する言葉をつなげたもの。

今になって良く見ると、好意的な感情の割合が多い、何とも勝手な占いですね。。。

 

「shobuno、あんた私の事「あ」だって!? いやぁねぇ。私は「す」だって。。。」

(こ、告白だったのか。。。? (笑))

「shobuno、私のこと「き」だったの? 最低ね。。。」

「きゃあ〜! ◯◯君と私って、両想いみたいよ!?」

などなど。。。私達を置いてけぼりに、勝手に盛り上がっていました。。。(^_^;

 

ルールを調べてみました。。

ツールが有りました! 

 

試しに私と妻で調べてみると。。。(何やってんだか (苦笑))

私「好き」

妻「無(無関心?)」

 

おお!? コメントに困る結果になったぞ。。。。(^_^;