読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

たっかーじいさんすごいねぇ~♪

 妻が朝から合気道の講習会へ行くとのことで、父子家庭でした。

土曜日は、子供の習い事が有るので、送り迎えと夕食の準備をする位なので楽ちんなのですが。。。

夕食どうしようかな。。。?

「豚肉あるから、豚しゃぶにでもしたら?」

と妻は言い残して颯爽と出発して行ったのですが。。。

私には「豚しゃぶ」ってどういう料理だったのか、イマイチイメージが湧きません(苦笑)

 

(私)「今日鍋なんだけど、どういうのが良い?」

(息子)「鶏肉!!」

(私)「そ、そうか 、分かった。   ^^;」

 

ボクは、きのこと豆腐が食べたいなぁ。。。

って事で、いつもの「テキトー鍋」にすることに。。。

スーパーに行って、本能のおもむくまま(笑)、キノコを買って、

鶏もも肉を買って、ダシも面倒なので今日は昆布ダシを買って。。。

そうそう、白菜も。。。(白菜ほとんど売り切れでした。高かったし。もう終わりなのかな?)

 

家に帰って、材料をテキトーに切って、ダシが入ったお鍋にぶち込みます。。。

(テキトー料理は、結構楽しいです(笑))

f:id:shobuno:20130323191042j:plain

f:id:shobuno:20130323191915j:plain

 

グツグツ。。。

 

思わず鼻歌が口に。。。

「♪ たっかーじいさんすごいね~

  洗面器はフライパン

  熊手は櫛のかわりだよ~♪」

 

 これは、確か「大草原の小さな家」のヒゲモジャのオジサンが歌っていた歌。。。

(何故、こんな歌が。。。  ^^;)

大草原の小さな家」は、本当に素晴らしい作品。(特に最初の方は)

どのキャラクターも丁寧に作りこまれていて、ストーリーも練られていて素晴らしい。。。

「悪役」扱いのキャラクターのオルソン夫人や、ネリーでさえ、憎みきれないキャラクターに仕上げられています。

さっきの歌のヒゲモジャのオジサン「エドワードおじさん」も、一見ガサツで、

世間から見放されたダメな人なのですが、本当は繊細でやさしい人でした。

 

 この歌や彼のキャラクターが好きなのは、きっと私がそういうものに憧れている所が有るんでしょうね。。。

 あまり細かい事は考えずに、ズバッと大胆に行動して、その行動はそれ程ズレていない。

そんな生き方でしょうか。。。?

私なんかは、細かい事が気になって気になって、どんどん細かい事ばかりに集中してしまって、気がついたら今自分が何処にいるのか分からない。みたいな事になってしまうのです。

 パッとみて、「これは◯◯なんじゃない?」と言える人に憧れを感じます。

 

私の嫌いな(苦笑)孔子の言葉に

「七十にして心の欲する所に従へども、矩(のり)を踰(こ)えず」

と有りますが。。。この境地かな??

話が大分逸れました。。。

さっきの歌の原題を調べてみました。

原文は、Daniel Emmett という人が1843年に書いたもの。

 

Old Dan Tucker was a fine old man,

He washed his face in the frying pan,

He combed his hair with a wagon wheel ,

And died of the tooth-ache in his heel,

Git out the way for old Dan Tucker!

He's too late to git his supper,

Supper's over and dishes washed,

Nothing left but a piece of squash!

(1番)

だそうです。そのままですね。

 

動画を調べてみると。。。


Old Dan Tucker - YouTube

結構カッコイイ曲ですね。。。 何だかテレビのと大分違う感じ(笑)

 

お鍋の方は、色々具を入れたらあふれそうな位に出来てしまって、

誰が食べるんだ? という感じになってしまいました。

やっぱり、私の「テキトー」はまだまだだなぁ。。。

 

出来上がった頃に、ちょうど妻が帰宅しました。

 

「いっただきま~す!」

 

40分後、お鍋は汁まできれいに無くなっていました。。。 ^^;

(。。。あれっ?)