読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

MacBook Air を仕事のメインマシンにしてみたら。。。

仕事 感想

f:id:shobuno:20130511002321j:plain

MacBook Air を仕事のメインマシンにして1ヶ月。。。

実際どんな感じかをレポートしてみたいと思います。

 

 今の会社に入ってから3年程、Core2 Duoの(当時としては)それなりに良いマシンを使っていたのですが、ハードディスクにガタがきていて、

起動も異様に遅くなってしまった為、新しいマシンを買って貰いました。

 

「出張も多いので、軽いノートが欲しいなぁ♥」

と、ちょっとダダをこねてみた所、

「shobunoさん、どうせMacが欲しいんでしょ? (苦笑)」

と言われ。。。めでたく会社でMacを使える事になりました。

 

 買ってもらったマシンは、MacBook Airの11インチ。

CPUはCore i7(2GHz)に載せ替えてもらい、ストレージ(HDD)は、512GBのフラッシュメモリに差し替えてもらい、メモリは8Gまで増設。。。

何も言わないのに、フルスペックまで機能アップしてもらいました。。。

(ほら、ボクって人望が暑い。。じゃなくて、厚いから。。。(^_^;)

たった1.08kgの筐体で、今までのPCの数倍のパフォーマンスです。

 

 このマシンのストレージを真っ二つに分けて、半分はWindows7、半分はMacに割り振りました。

Windowsの方には、Officeとか、開発中のWebシステムとか、以前に使っていたWindows関連ソフトを入れて、Mac側にはメールとか、Windowsの仮想ソフト(Parallels)を入れました。

 

 普段はMacで起動して、Windowsのソフトが必要な時は仮想ソフト経由で使い、

Windows環境をもっとバリバリ使いたくなったらWindowsを起動して使おうと思っていたのですが、現在では殆どWindowsをメインに起動する事は無くなりました。

 

 メールやWebはMac、Officeやテキストエディタは使い慣れたWindows。。。

必要に応じてMacの環境やWindows環境(仮想)が起動します。

フラッシュストレージの効果が高いのでしょう。

何をするにも速くて、とても快適です。

 

 11インチのディスプレイやキーボードは小さくて使いにくそうと思われるかもしれませんが。。。実際には普段使う事は無くて、本体を閉じたまま大きなディスプレイや、使い慣れた大きさのキーボードに繋いで使っています。

クラムシェルモードですね。)

普段「ノートPCを使っている」と意識する事はありません。

 出張先への持ち運びも気軽で、自分のPC環境を丸ごと持ち運ぶ事ができる様になりました。

 

 Windows環境のショートカットキーと、Mac環境のショートカットキーが若干違うので戸惑う事がごくまれに有る事以外は、本当にいい事ずくめの環境です。

私の様に、Macに馴染んでいる方は、機会があったら職場のマシンもMacにしてしまう事をお勧めします。