読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

やっと給湯器を入れ替えたのですが。。。

f:id:shobuno:20130525112045j:plain

あじさいの季節まで、あとすこし。

 

 お金の捻出が苦しかったり(汗)、忙しかったり、忘れていたりして。。。(^_^;

お風呂の給湯器を交換する件が伸び伸びになっていたのですが、

もうそろそろ、本気で交換しないとマズイかも。。。

と思いたって、ゴールデンウイーク明けに業者に手配したのですが、

昨日、朝8時半から工事業者の人が2人家にやって来ました。

 

「すみません、よろしくお願いします。」

「こちらこそ、よろしくお願いします。」

 

やってきたのは、40歳前後のベテラン風な人と、

20歳になったばかりぐらいの若い人でした。

二人とも実直そうで真面目そうで、私は安心しました。

お風呂、給湯器、リモコンの場所を教えると、早速作業にかかりました。

年上の方が若者に作業手順を指示し始めています。

私は邪魔にならないように、そっと別室へ引き上げました。

 

 始めの2時間ぐらいは、順調な風で、

二人は、テキパキ移動しながら作業を進めている様子だったのですが、

2時間半を過ぎた頃。。。

作業の音がパタリと止みました。

 

ん? そろそろ終わりかな。。。?

 

そっと、さり気なく別の用事で通りかかるフリをして(そこまでしなくても(^_^;)

二人が作業している部屋の前を通りかかってみると、

意外な事に、二人は床に座り込んで、俯いて(うつむいて)いました。。。

年上の方の人が絞り出す様な声で

ダメだ。

 どうしよう。。。?

とつぶやきました。

 

えっ?!

何で?!

失敗?!

 

この様子からすると、事態は相当深刻な様子でした。

プロの人がふと吐き出す不用意な一言。

これほど不安を掻き立てられる事はありません。

怖いので、話かける事も出来ませんでした。。。

 

 

昔、神楽坂の駅で電車を待っていた時、構内にこんなアナウンスが流れました。

 

「間もなく◯◯番線に◇◇行きの電車が参ります。

 危ないですから、白線の前まで下がってお待ちください。

 。。。あれっ?! (ブチッ ←放送が切れた音)」

 

「あれっ?!って何? 怖いよぉ。。。(^_^;」

 

おっと、話が脱線してしまいました。

それから一時間程作業は続き。。。

 

「旦那さん、終わりました。」

「はい!」

「工事が終わりました。

 ひと通り工事の説明と、給湯器の操作についてご説明します。」

「あ、はい。」

「まず、給湯器の設置ですが。。。(工事内容の詳しい説明)。。

 で、一つお伝えしなくてはいけない事があります。」

 

きたきた。 どんな悲惨な事が起こったのか。。。?

私は身を固くして身構えました。

 

「実は。。。」

「(ごくり。)」

「この給湯器、壁に固定するために3本の金具を壁に打ち付けて、

 その金具で本体を固定しているんです。

 で、一番下の3本目の金具なのですが、ちょうどその位置(の壁)に

 電源タップが有るので取り付けられないんです。」

「え? ああ、成程。。。」

「給湯器を壁に固定する分には、2本の金具で充分止まりますので、

 無くても大きな問題にはならないと思うのですが。。。」

「ああ、そうですか。仕方ありませんね。

 2本で良いですよ。」

「しかし。。。前の機種も同等の作りでして、

 3本の金具が必要だった筈なのですが、2本しか付いていませんでした。」

「。。。手抜き工事だったって事ですか?」

「。。。ええ、まあ。。。(汗)」

 

今明らかになる、衝撃のマンション手抜き工事の実体です。。。(^_^;

きっと設計ミスで、全戸金具2つで取り付けてしまったんでしょう。

とても恐ろしい事です。。。

 

 

とまあ、色々有りましたが、新しい給湯器は元気に稼動中です。

 ハウジング提示特価価格よりも8万円程安く上がりました。