読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

富士山の話

f:id:shobuno:20130703064821j:plain

 今日の収穫。

スイートトマト(写真の赤いトマトです)、初です。

「スイート」の名前に恥じず、とっても甘いトマトでした。

残るは大玉の「ぜいたくトマト」。。。

 

 

 今日は、先日6月22日に世界遺産に登録され、7月1日に山開きになりました富士山のお話です。

今年は記念すべき年という事で、登山客が例年よりも多くなる事が想定される中、

入山料の徴収(任意)も始まる様です。

 

msn産経ニュースより

今夏の徴収額を1000円として試行することを正式決定した。

名称を「富士山保全協力金」として、本格的な登山シーズンの7月25日から8月3日まで、午前9時から午後

 

6時の間に徴収する。

支払いは任意で、応じた人には記念品として缶バッジを渡す。

 

 

 周囲に山が無く、絵に描いた様な美しいすり鉢状の形、

それでいて本州で一番高い標高を誇る美しい山。

 富士山は、日本人にとって特別な山で、

古くから多くの美術品の題材とされてきました。

f:id:shobuno:20130704001003j:plainf:id:shobuno:20130704000934j:plain

f:id:shobuno:20130704001316j:plainf:id:shobuno:20080403224452j:plain

浮世絵が海外で高い評価を受けた関係で、外国の人々にも、

「フジヤマ」は有名になりました。

先日の文化遺産登録のニュースも、初めて聞いた時は

 

えっ? まだ登録されていなかったの??

 

というのが正直な感想でした。

 

 私は東京出身ですので、天気が良い時には富士山の美しい姿を肉眼で見る事が出来ました。

小さい頃から見慣れ、親しんできた山でした。

いつかはあの頂上まで行ってみたい。。。

子供の頃からずっとそう思っていました。

 

 

1997年の夏ですから、今から16年前。。。

妻と二人で頂上を目指しました。

当時の天気は、台風が微妙に逸れた日。

五合目は霧雨が降っていました。

見上げると頂上は雲に包まれていて見えず。。。

高山特有の強風が恐ろしいぐらいゴーゴーと吹いていました。

そんな天気だったので、他に登山しようとしている人は殆どいなくて、

どうしようかと思っていたところ、地元のオジサンが

「今日は晴れるよ。登った方が良い。」

と言ってくれました。

(この人がどの程度経験が有るのか全く分からないにも関わらず、

 あっさり信じてしまった私達。。。若かったぁ (^_^; )

 

f:id:shobuno:20130704003540j:plain

 

五合目から、登り始めるとみるみる霧(雲?)につつまれました。

一歩一歩が重くて、平地とは随分体の調子が違ってきました。

あれれ。。。? 空気が薄いのかな。。。?

 

f:id:shobuno:20130704003800j:plain

霧の中をただ歩く歩く。。。

 

f:id:shobuno:20130704003832j:plain

時折、強風で雲が切れると、下界がチラッと見えました。

 

ちょっ! ちょっと待って!

体動かない。。。

頼む。。。ちょっと休ませて。

 

f:id:shobuno:20130704004118j:plain

 

私は、しばらく歩いてはその場にへたり込んでしまいました。

へたり込む私を親子(父と小さい息子)が追い抜きます。

息子の顔色は土気色です。

 

父「今あきらめると、一生後悔するぞ!」

子「。。。。」

 

一生後悔って。。。どんな人生?? (^_^;

 

 そうかと思えば、自称90歳というおじいさんが、

軽装で、わらじ履きで飄々と追い抜いて行きます。。。

 

f:id:shobuno:20130704004240j:plain

10分おきに休憩を要求する私をよそに、何故か元気な妻。。。

ば、化け物か?! (^_^;

 

f:id:shobuno:20130704004649j:plain

突然、スカッと晴れました。

気がつくと地を覆っていた植物が無い!!

まるで火星みたいな光景です。。。(行ったこと無いけど(苦笑))

 

f:id:shobuno:20130704004817j:plain

太陽の強い光が照りつけ、空気はますます薄くなって。。。

体が思うように動けなくなりました。

ここまで来ると、10歩 歩く毎に2分位休憩が必要な状態です。。。

 

青い顔をした外人が苦しそうに、私に語りかけてきました。。。

外人「チョージョーはドコデスカァ? アト、ドノクライデスカァ?」

私「ワカリマセーン」(何故か外人風な発音 (^_^;)

外人「オー! ノー!」(がっくりと肩を落とす)

 

それを遠くから見ていた妻。。。

妻「もうすぐそこなのに。。。あの二人バカみたい(冷笑)」

 

 

f:id:shobuno:20130704005529j:plain

そして頂上へ。。。

激しい頭痛と吐き気と疲労で私はベンチに倒れこみました。

隣のベンチには、同じ様に倒れている子供が。。。 (^_^;

 

 

 本当は「お鉢巡り」をしてから下山するつもりが、

私が余りにも苦しいので早々に下山してしまいました。。。

 

今だに妻はぼやきます。

妻「ああ、お鉢巡りしたかったのになぁ。。。」

 

 

子供たちが大きくなってきたので、また。。。

今度は酸素を沢山持って挑戦したいのですが。。。

ムリかなぁ。。。(体力的に)

 

きっと、人も一杯だろうなぁ。。。