読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

憑物語を(やっと)読んだ

感想

 西尾維新さんの小説、物語シリーズの最終シリーズ(ホント?)の最初の作品。

憑物語を読了しました。

 

 

化物語」から始まる、この物語シリーズの魅力は、巧みにコントロールされた奇想天外なストーリーと、会話の面白さにあると思います。

時には、一見ストーリーと関係ない様な「雑談」を延々と数十ページも展開して、

「西尾さん、物語を忘れて悪乗りして雑談を書いているんじゃ?」

と思える事も多々あります。(そこが面白いのですが。。。)

で、後半怒涛の展開で息をつくひまも与えなくさせて、最後ほっとした時に、

「ああ、最初の雑談は、これに繋がっていたんだ〜!」

とびっくりさせられる事もしばしば。。。

読むたびに、びっくりさせて貰える、数少ない作家さんです。

 

さて、この憑物語ですが。。。

前回の(第二シリーズ)の後半、ちょっと辛い展開があったので、

千石撫子がとんでもない事になったり、

 八九寺真宵があんな風になってしまったり。。。(涙))

ちょっと最終シリーズに着手するのをためらっていました。

 

 でも、アニメも始まった事ですし、やっぱり物語シリーズのラストが気になるので、

思い切って読んでみる事にしました。

 

ネタバレを防ぐため、詳細な事は書きませんけど。。。^^;

最初は、どうなるかと思いました。。。。

延々といつもの雑談で。。。しかも余り面白くない。。。

で、やっと終わったかと思ったら、またあれだし。。。(意味不明ですみません ^^;)

 

しかし、後半から怒涛の展開で、一気にラストまで読ませられました。

後から思うと、最初の雑談は。。。 ああ! こう繋がるのねっ、と舌を巻きました。

(ワケわかりませんよね。。。本当は書きたいんですよ(笑))

 

全体を通してみると、やっぱり面白い! さすがです。

そして、西尾維新さん、本気でこの長い物語を終わらせようとしているなと

強く感じられました。

今回は、ストーリー構成の巧みさを強く感じました。

人によっては、ラストが呆気なさ過ぎと言いそうですが、あの呆気なさ、

あの不気味さが良いんだと思えます。。。

 

 

最終シリーズは、この後インターミッション的な「暦物語」(既刊)、

「終物語」(夏出版予定)、 「続終物語」(未定)と続く予定です。

あと3冊で終わってしまうんですね。。。。(ホントかな??)

 

アニメを見て興味を持たれた方、手の込んだストーリーの好きな方、

会話劇が好きな方に強くおすすめします。

(あ、初めての方は、出来れば化物語から読んで下さいね ^^;)

 

憑物語

憑物語