読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

「基本は性善説。でもやられたら倍返し。」〜半沢直樹の原作を読んだ

感想

f:id:shobuno:20130818080648j:plain

飛行機から見た富士山です。

富士山はどこから見ても存在感があります。。。

 

 

最近、ネットのあちこちで、

「テレビドラマ「半沢直樹」が面白い!」

という声を聞きます。

 

ドラマは見逃してしまいましたが、原作ぐらい読んでおこうかな?

(我ながらミーハー。。。 (^_^;)

という訳で、読むことにしました。。。

 

 

オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

お。。。面白い! 

これは、紛れも無いエンタメです。

主人公半沢直樹は、バブル期に銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長。

支店長命令で、むりやり融資した会社が倒産。

全ての責任を押し付けようとする支店長。

組織ぐるみの陰謀に巻き込まれて絶体絶命の半沢だったが。。。

信念をねじ曲げる事なく、知恵と勇気で、障害をはねのけていく。。。

 

かれの口癖は、「基本は性善説。でもやられたら倍返し。」

 

その言葉通り、彼を陥れようとした上司達 他を次々と追い詰め、

どん底に叩き落とします。

 

勧善懲悪、昔の時代劇的な展開で、読者をスカッとさせてくれるお話です。

読み終わった後、ちょっとだけ勇気がもらえて、

明日も会社頑張ろう!!

っていう感じ(?)の、疲れたオジサン向けの娯楽小説なのかも知れません。

(良い意味でですよ (^_^;)

 

ただそれだけでこのお話が終わらないのは、

敵役の人々にも魂が込められている点です。

ラスボス(?)の彼は、家に帰ると普通のお父さんで、

可愛い娘、幼い息子がいたりして。。。

ああ、こいつ悪い奴だけど、もう許してあげようよ。。。

という気分になります。

 

日頃お疲れのサラリーマン諸氏に強くおすすめします。

(★★★☆☆ 星3つ)

 

 

 

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

半沢直樹シリーズ2作目です。

前作が面白かったので、引き続きこの作品を読みました。

前作よりも人間関係が複雑で、スリリングな展開。。。

 

前作以上に面白い!!

 

 半沢直樹は、営業部次長に昇進していました。

今回は、巨大損失を出した老舗ホテルの再建を押し付けられます。

前回の5億円が、今回は120億円にスケールアップ!

いつもの組織内の嫌がらせに加え、金融庁のボスキャラとの対決もあります。

今回の主人公は、半沢直樹に加えてもう一人、

同期入社で、優秀な人材だったのに、精神を病んでしまい失脚し、

出向させられてしまった近藤が、これも執拗なイジメに遭いながらも

自分を取り戻していくお話も並行して進んでいきます。

私は、半沢よりも近藤に共感を覚えてしまいます。

ラストのあの行動も含めて。。。(笑)

(★★★★☆ 星4つ)

 

 

このお話は、「ロスジェネの逆襲」へと続きます。

まだ文庫化されていませんので、読むのはもう暫く後になると思いますが、

電車の中でワクワク読めるシリーズがまた増えて、嬉しいです。