読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

半沢直樹も良いけれど。。。(〜「空飛ぶタイヤ」を読んだ)

久々に、本に夢中になってしまって、ブログをサボッてしまいました(^_^;

 

という訳で、池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」です。

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)

実際に有った事件「横浜母子3人死傷事故」を題材に作られた物語です。

内容ぎっしり盛りだくさん。。。

この直前に、池井戸潤の「下町ロケット」を読み、これもかなり引きこまれたのですが、この「空飛ぶタイヤ」は、それ以上でした。

 

 主人公は、脱輪事故を起こしたトラックを保有する小さな運輸会社の社長。

事故の責任を負い、融資先の銀行、トラックを製造したホープ自動車、被害者の家族、そして子供が通う学校のモンスター(?)からいつもの様に(?)これでもかという位にひどい目にあいます。

 

 実際の「横浜母子3人死傷事故」では、事故を起こした運輸会社は、世間からの激しいバッシングを受けて、廃業に追い込まれたそうです。

 

そんな激しいバッシングにあいながら、主人公は負けそうになりながらも、勇敢に立ち向かっていきます。

 

池井戸潤さんの小説だから、きっとラストは、倍返しだから。。。

 

と思いつつ、主人公と一緒にひどい目に合うのですが。。。

(悪役達が実に憎々しく描かれています(笑))

今回はページ数が多いだけあって、中々倍返しのターンが来ません。。。(^_^;

 

この作品では、大勢のキャラクター達がそれぞれの 視点から、事件を描写していますが、これが実に的確で、リアリティが有りました。

被害者の父子のエピソードや、終盤、主人公が報われていくシーンに思わず涙が。。。

 

 

 池井戸潤さんの文章は、とても読みやすく、また場面の切り替えも効果的なため、

スラスラ読めてしまいます。

ちょっと読み始めたら最後、夜遅くまで引きこまれて。。。今に至ります (^_^;

 

半沢直樹が好きな方、社会派(なのかな?)でスリリングなストーリーがお好きな方に強くオススメいたします。

 

(★★★★★ 星5つ)