読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

高齢化社会??

数日前の話。

 

私が電話を取ると。。。

「モシモシ?」

「あのぉ。。。」

「はい。」

ハローワークを見たのですけど。」

「あ、はい。」

「私、今年の3月まで勤めていたのですが、Webシステムの仕事を手がけておりまして、

 JavascriptC#VB、ひと通りのデータベース、クラウドの技術、

 モバイルの開発も少し、経験してきたんです。」

「はい。(ちょっと凄いかも。)」

「でも、年齢が62歳でして。。。」

「えっ」

「それでも応募しても宜しいでしょうか?」

「いえ、ウチは年齢で落とすとかしていませんので、是非応募してください!」

「そ、そうですか?」

「はい、お待ちしております!」

 

ガチャ。

ふう。。。

 

その様子を横から見ていた社長(70歳)が

「おい、shobuno?」

「え? はい。」

「そんな事を軽々しく言うもんじゃないよ。」

「ん?」

「そういう時は、「ウチは原則として年齢で落とす事はありません。」とか

 言って置くもんなんだよ(苦笑)」

「そ、そうですか。すみません。。。

 でもさっきの人、ちょっと凄そうだったのでつい。。。」

 

 

 その彼から、今日履歴書が届きました。

電話通りの素晴らしい経歴で、

会う前からもう採用が決まった様な雰囲気。。。(^_^;

 

少し前から人手不足が深刻化して、ハローワークにアルバイトの

求人を出していました。

「キレイなお姉さんが来るといいな」(若手の社員)

「若者は教育が大変だよね。覚悟しておこう。」

などと話をしていたのですが、フタを開けてみると。。。

 

先日から来ている方は53歳のおじさんで、

昨日から来た方は、50歳のおじさんで、

今日経歴書が届いたのは62歳のおじさん。。。(^_^;

 

比較的高齢の人材が、世の中には溢れているのかも知れません。

むしろ、そっちを狙った方が成果が得られたりして。。。

 

 

そんな事を考えていると、また電話が鳴りました。

私「はい。。はい。。 ええ。。 そ、そうですか?!

  いえ、大丈夫ですよ。 はい。是非応募してください。。。

  はい。ではそういうことで、よろしくお願いいたします。」

ガチャ。。。

 

 

 

私「あの。。。皆さん。」

皆がこっちを見ました。

「また、ハローワークの求人の問い合わせがありました。

 システム開発の経験が豊富に有り、特にWebシステムが得意だそうです。」

みんな「(ゴクリ)」

私「で。。。今度は、64歳だそうです。。。」

みんな「?! (^_^;」

 

「ウチの会社、ジジイの集団になりそうだな。。。(^_^;」

「案外、良いかも。。。」

 

 

ウチの会社は、一体どこに向っているんでしょう。。。?? 

私は、徐々に「若手」社員になりつつ有ります(いや、マジで。。。苦笑)