読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

死語の世界。。。

私「(中略)。。。という訳で、この表グループインディケーションして、

  見やすく表示させてね。」

協力会社スタッフの若者のMさん「えっ?」

 

私「(ん?)表で、上の行と同じ値のセルが延々と表示されると見難いから、

  グループインディケーションしてと言ったんだけど。。。」

M「グループインディケーションって何すか?」

私「えっ? えっと。。。表で上のセルと同じ値のセルを空白にする事なんだけど。」

M「それをグループインディケーションと言うんですか?」

私「そうだけど。。。 言わない?」

M「初めて聞きました。」

 

私、勘違いしていたかな。。。? (^_^;

 

慌てて、グーグル先生に聞いてみます。

「グループインディケーション」と入力すると。。。

 

「グループインディケーション」

「グループインディケーションとは」

「グループインディケーション cobol

 

とサジェストされました。

 

「ん? 何故cobol? cobol関係ない筈だけど。。。?」

 

微妙な違和感を感じつつも、

「グループインディケーションとは」で検索。。。

 

ほら、有った!

やっぱり、私が正しかった。。。

 

私「ほら、ここに解説が乗っているじゃん! グループインディケーション、

  覚えておいてね。」

M「でも。。。 このページって、Yahoo! 知恵袋ですよね(苦笑)

  一般用語じゃないんじゃ。。。?」

私「え?」

 

 他のページを探そうとしましたが、確かに一般用語を解説する様なページには

書かれてなく。。。

どうやら、COBOLの時代(今から20年位前)に使われていたローカルな言葉だった

様で、今では使われていない様なのでした。。。

 

そう言えば、こんな事もありました。

 

M「「DO UNTIL」って何ですか?」

私「えっ!? キミ、知らないの?!」

M「初めて見ましたよ。」

 

それを横で聞いていた、社長(70代)、常務(50代)が口をそろえて、

 

「DO UNTILを知らないの?! 普通に使うでしょ?!」

と言い出しました。

 

。。。う、マズイ。

この仲間に入のは、ちょっと嫌かも。。。 (^_^;

 

全然気づかなかったけど、昔のBASIC系の言語には有ったけど、

今の言語には無かった様だという事がわかりました。

 

 

新しい技術がどんどん生まれて、新しい言葉が増えるのと同時に、

古い技術や言葉はどんどん死んでいく。。。

考えてみれば、あたり前の話なのですけど、こうして突きつけられてみると、

改めて、思えば遠くへ来たもんだと実感させられるのでした。

 

「オカレンス」とか、Mさん知らないんだろうなぁ。。。 (^_^;