読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

戦後4番目の積雪の日

つぶやき

f:id:shobuno:20140208115859j:plain

今日は大雪の1日でした。

25cmも積もりました。。。

 

1951年2月の33cm、 1954年1月と1969年3月の30cmに続く

都心の積雪としては戦後第4位の積雪量だそうで。。。

これを書いている今も、まだ降っているので、或いは戦後1位も狙えるペースかも。。。

 

そう言われてみると、1950年代は生まれていませんでしたが、

1969年の雪は、ぼんやりと覚えている様な気がします。

 

私には、「昔は東京も雪がたくさん降っていた。」

という印象が根強く有るのですが、この1969年の積雪の事が記憶に残っているのかも

知れません。

 

 

朝起きて、「今日は、1日外に出ないぞ!!」

と固く決意したのですが。。。

息子の土曜日の習い事が2つ(英語と、スイミング教室)も有るので、

送り(2回)と、迎え(2回)で、計4回も外出する事になってしまいました。

 

f:id:shobuno:20140208115611j:plain

雪って、降っている時は美しいなぁと思うし、ワクワクするんですが、

アイスバーンになれば、滑って歩けなくなるし、

溶ければ、グチャグチャで泥だらけになるし。。。

全く憂鬱になってしまいます。

 

 子供の頃は、雪が降るのがただ楽しくて楽しくて、大人たちが嫌そうにするのが

全く理解出来なかったのですが。。。

雪を見て、ちょっと嫌な気持ちになるという事は、

私も「つまらない大人」に成り下がってしまったものです。。。(^_^;

 

 

3回目の外出、つまり。。。スイミング教室の送りの時、

 

私「帰りは、一人で帰って来いよ。」

息子「嫌だ。お父さん、絶対に迎えに来てよ!!」

私「仕方ないなぁ。。。」

 

そして4回目の外出。。。

風も出てきて、軽い吹雪状態の中、お迎えに行ったのですが、

一向に息子が教室から出て来ませんでした。

 

その時、携帯電話が着信。。。

 

妻「◯◯(息子)、もう帰って来ているんだけど。」

私「ええっ!?」

妻「雪が強かったから、お店に避難しながら帰ってきたんだって。」

私「。。。やられた (^_^;」

 

f:id:shobuno:20140208162217j:plain

とぼとぼ歩く帰り道、

足元を良く見ると、あちこちに、人間以外の足あとが。。。

 

キツネ。。。?

(そんな訳ないでしょ (^_^;)

 

道って、案外人間以外の動物にも使われているんだなぁ。。。

 

(オマケ)

 

f:id:shobuno:20140208162732j:plain

ベランダの水耕装置が大変な事に。。。

続きは明日の「定点観測」で。