読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

思い出は胸に。。。

つぶやき

f:id:shobuno:20140309155323j:plain

昨日の写真の余りです。

 

年々歳々花相似たり

歳々年々人同じからず

 

3月になったというのに、まだちょっと肌寒いですね。。。

さて、今日は3/11。

もうあの日から、3年も経ってしまいました。

そういえば、あの日も寒かった。。。

 

当時はあまりの大事件に、現実感が持てなかった様な気がしますが、

3年も経ったというのに、被災地はまだまだ「復旧した」とはとても言えない状況

だそうで、こうして年月が経って、あの災害から少し遠ざかった事で、

ようやく輪郭が見える様になってきた気がします。

 

テレビで、「被災した建物や船を、後世の人々のために残すべきか否か?」

という話をしていました。

 

「この場所で家族が亡くなった。だからそれを見るのも辛いから壊して欲しい。」

「この恐ろしい出来事を繰り返さないため、後世の人々に伝えなければならない。

 だから残さなければならない。」

 

2つの意見が有って。。。どちらも正しいと思います。

 

妻「あなたは、どっち派?」

私「うーん。。。 壊す派かな?」

 

自分がその立場に立った時、同じ事を言える自信は無いけれど。。。

 

壊れたモノは、元に戻らない

失われたモノの欠片(かけら)を大事に持っていても、

失われたモノを取り戻す事はできない。

残った「欠片」さえ、永遠に残す事は出来ないでしょう。。。

失われたモノは、心の中に一生大事に抱いておいて、

古いモノはキレイに葬り去って、新しいモノをドンドン築いていかないと、

きっと生きていけない。

 

どんなに頑張っても、人は過去に戻る事はできず、

ただただ前に進むしかなくて。。。

そして、その進む先には(自分の)「死」が待っている訳です。

 

私はあとどのくらい生きていけるのかな?

私に残された時間は、あとどの位なのかな。。。?

そう考えると、やっぱり私は「壊す派」の方がピッタリくるのです。

 

まさに今、私は生きているんだなぁ、

なんて

今更思ってしまいました。