読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

「ルーズヴェルト・ゲーム」を読んだ

感想

 今日は久々、読書感想文です。

最近、仕事が落ち着いてきたので読みたかった本を何冊か(えっと、あれと、あれと、あれと。。。現在3冊程。。。(^_^;)を一度に読んでいます。

さらに、何冊か積んである状態ですので(苦笑)、しばらく私の「乱読期」は

続きそうです。。。(まあ、大した本は読んでいないんですけどね)

 

今日ご紹介するのは、「ルーズヴェルト・ゲーム」です。

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

 

ご存知、今や大人気の作家、池井戸潤さんによる小説です。

 

        Amazonより。

中堅メーカー・青島製作所の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。会社の経営が傾き、リストラの敢行、監督の交代、廃部の危機・・・・・・。野球部の存続をめぐって、社長の細川や幹部たちが苦悩するなか、青島製作所の開発力と技術力に目をつけたライバル企業・ミツワ電器が「合併」を提案してくる。
青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか?
負けられない勝負に挑む男たちの感動の物語。

 

ドラマが始まるということで、興味を持って読んでみました。

やっぱり面白かったです。

さすが、池井戸潤さんという感じ。

改めて、この人の作品は良い意味で安定しているなぁと思いました。

 

「一番面白い試合は、8対7だ」と、野球好きのアメリカ大統領、ルーズヴェルト

そう語った事から生まれた言葉、「ルーズヴェルトゲーム」。

ストーリー全体、そのタイトル通り、「ルーズヴェルトゲーム」の展開。。。

考えて見れば、池井戸潤さんの作品は、

常にルーズヴェルトゲームなのかも。。。と思ったりして。

 

今回は、低迷中の野球部の話と、今にもライバル企業に乗っ取られそうな会社の話が

並行して繰り広げられています。どちらの話にも、憎々しい敵キャラが登場します。

どちらの話にも、キーになる魅力的な人たちがいて、違和感なく読み進める事ができる

のですが。。。

う〜ん、贅沢な要求かも知れないけど、今回はちょっと登場人物が多くなり過ぎて、

描写が甘くなったり、人物の掘り下げがやや物足りない(ステレオタイプ的な人物になりかけてしまった)シーンなどが見えました。

 

細川社長、青島会長をもっと描いて欲しいのも有るのですが、

開発部長の神山さんをもっと、ちゃんと描いて欲しい(私だけかも? (^_^;)

まあ、人物の掘り下げが足りない分、ドラマで表現する余地が増えるという

考えも有る訳で。。。この作品、ドラマ向きなのかも知れません。

 

まあ、ちょっと苦言も書いてしまいましたが、全体的にはハラハラ・ドキドキ、

とても楽しめる作品に仕上がっていると思います。

 

近々始まるドラマに興味が有る方、池井戸潤さんに興味有る方にオススメします。

 

(★★★☆☆ 星3つ)