読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

カバンを新調するの巻。。。

チョイ惡な話 つぶやき

f:id:shobuno:20140414085829j:plain

事務所の前のハナミズキ、咲きました。

 

 

ぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られていました。

前のオジサンが、ヒジを曲げて私のミゾオチの辺りをグイグイしてきました。

 

やれやれ。。。 

 

ヒジがまっすぐになるように、誘導しようとすると。。。

彼はますますムキになった様に(?)ヒジを曲げてこっちをグイグイ。。。

 

いててて。。。

ミゾオチが痛いんですけど。。。(^_^;

 

電車通勤歴ウン十年。ベテラン通勤者をナメんなよ。。。

(高校生ぐらいからだから。。。えっと大体10年ぐらい? オイオイ(^_^;)

 

次の駅が近づけば、電車が減速するから、彼の体重がここにかかってくるだろうから、

体をちょっとずらして、彼を受け止める位置にきて。。。

おお、寄りかかってきた。

かかったな。。。

電車が減速して、こっちに寄りかかってきたら、素早く体をかわせば。。。

 

そうこうするうちに、予想通りの減速がはじまり、

予想通り人が移動してきて、彼が全体重をこっちにかけてヒジを押し当ててきて。。。

 

ふいッと体をよじってみると、絶妙なタイミングで電車の急減速が来て、

受け止めてくれる筈の私がいないため、彼の体制が崩れて、

その彼に支えてもらおうとしていた人々が崩れて、

私の目の前で、見事に大きな人の雪崩が発生してしまい、

彼は遥か電車の中央へ押し流されて。。。

 

あちゃー。こんなに崩れるとは。。。 (^_^;

 

とか思っていたら、いきなり、肩に衝撃がきて、

「ブチッ!」という音が響きました。

 

えっ?! 何っ?!

 

それまで肩の辺りにかかっていた重みがふっと軽くなり。。。

ああ、カバンの紐が切れたんだと分かりました。

満員電車なので、それでもすぐにはカバンは落ちません。

そのままの位置に留まっています。

慌てて、カバンの手提げ紐を手探りでつかんで落ちない様にしました。

満員電車なので、身動きもできません。

勿論、その場でカバンを確かめる事も出来ません。。

 

f:id:shobuno:20140414122716j:plain

後で確かめてみると、肩紐を留める金具がすっぽり抜けてしまっていました。

入れようとしても、どうしても入れられません。。。

恐るべし、満員電車の力!

f:id:shobuno:20140414233016j:plain

「ヘルメットが無ければ、即死だった。。」

(いえ、言ってみたかっただけなんですが。。。意味不明ですね (^_^;)

 

 

地味ィ〜に嫌がらせをしたバチが当たったんでしょうか?(汗)

 

今のカバンですが、買ってそろそろ5年ぐらい。

肩紐がちぎれたのは、実は2回目。

いい加減、くたびれてきているので、

3本目の肩紐を買うのではなく、今回は思い切って買い換える事にしました。

 

う〜ん、それにしても思わぬ出費です (涙)