shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

チューリップの思い出

チューリップが咲いています。

いつも通勤で通りかかるマンションの所に、

キレイなチューリップが咲いていました。

f:id:shobuno:20140423080049j:plain

ああ、今年もそんな季節になったんだなぁ。。。

春に咲くチューリップの花は、何か私にとっては特別な感じがして

毎年チューリップを見ると心を動かされていたのですが。。。

 笑蔵::エムゾー (id:mzo)さんのチューリップ畑のブログを見て、

幼い頃の思い出が蘇りました。

 

そうそう。そうだった。

あれは多分、私が3才ぐらいの頃。。。

弟が生まれるという事で、母が故郷の富山に長い間(といっても数ヶ月)、

帰省していました。

私も、一緒に富山に滞在してました。

f:id:shobuno:20140422225004j:plain

(あっ、ついに素顔を晒してしまった。。。

 これは4才の頃の私です。なかなか利発そうな坊ちゃんでしょ?(笑))

 

祖父は、農家をしていて、田んぼやら畑やらをやっていたのですが、

チューリップの栽培もしていました。

誰に似たのか(?)非常に研究熱心だったそうで、緻密な研究ノートが残されています。

詳しくは知らないのですが、チューリップの栽培富山県から表彰された事もある

そうです。。。

 

という訳で、とても大きなチューリップ畑がありました。

私が滞在していたのは、ちょうど春先で、

畑一いっぱに、黄色やら赤やらの花が咲き乱れていて、それは見事なものでした。

(その時の映像は、今も頭に焼き付いています。)

 

私はチューリップ畑がとても気に入りまして、何度も足を運んで、

花畑を眺めていたそうです。

 

ある日のこと、いつも遊んでくれていた おテルさん(大叔母さん)に、

「チューリップ見に行こうよ!」と言うと、

彼女は困った様な表情を浮かべて、

「今日は、行けないんだよ」と言いました。

「えっ? どうして?」

「。。。。」

 

その時、私が何を言いどうしたのか、良く覚えていないのですが。。。

何とか彼女を言いくるめて、チューリップ畑に一緒に行かせる事に成功しました。

 

私の姿を見て、祖父がうめきました。。。

「ああ、連れてくるなって言ったのにぃ。。。なんで??」

 

私は、目の前の光景を見て愕然としました。

 

満開のチューリップ畑の、キレイに咲いているチューリップの花を、

どんどん摘み取ってしまっている最中でした。

花びらは無残にも、畑に散乱しています。

 

えっ!?

どうして!?

ひどい!!

 

「やめてー! 花を取らないでぇ〜!」

私は叫びました。 (^_^;

 

祖父「ほら、だから見せるなって言ったんだ。。。」

祖父は頭を抱えていました。

 

今でもそうなのか良く知りませんが、富山で育てるチューリップは、

球根を出荷するために栽培するものなのです。

健全で丈夫な球根を作るには、あんまり花を咲かせてエネルギーを使っちゃいけないんですね。

ですから、花が咲くと早々に摘んでしまうのです。

 

そんな事を知る筈もない私は、ただただ美しく咲いた花を守りたくて、

ダダをこねたのでした。。。(笑)

 

結局その年は、私のために、花を摘まない小さな一角を残してもらったのですが、

そのぐらいでは満足できなかったのは言うまでもありません(苦笑)

 

 

チューリップを見る度に、あの時のチューリップとリンクされるのでしょう。。。

私にとってチューリップは、ちょっぴり心が動かされる花なんです。