読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

曲がった剣(ポートボール)

 以前。。。と言ってもかなり前ですが、曲がった剣というお話を書きました。

どうも私は、何といいますか。。。

今から思うと、かなりの負けず嫌いだったみたいで、しかも妙な知恵(悪知恵?)が

有るものですから(褒めていないです(苦笑))、勝つために手段を選ばない的な行動に出る事が良くありました。

今日も、そんなお話です。。。(シリーズ化するのか? (^_^;)

 

小学3年生ぐらいの頃だったでしょうか?

当時の私は、何故か鉄棒にハマッていまして、毎日毎日休み時間になると、

友達と一緒に鉄棒に向っていました。

鉄棒ばっかりしていたせいなのか、球技はからっきしダメでした。

ボールの遠投では、学年で下から2番目という、ある意味オイシイ順位でしたし、

野球は訳有って全く嗜まず、ルールも知らない状態でしたし、

バレーボールとかドッジボールも全く。。。あ、いや。

すばしっこかったせいか、ドッジボールでは良く最後まで逃げまわって生き残っていましたが。。。(笑)

まあそれはともかく、球技という球技は全く不得意な小学生でした。

(今でもそうなのですけど (^_^;)

 

体育で「ポートボール」の授業が行われました。

 

ポートボールとは、バスケットボールみたいなルールですが、ゴールが網(?)ではなくて、台の上に立っている人(確かゴールマンと呼ばれていた(笑))にボールを渡すと得点できるというようなゲームでした。

後に、私は人並み外れたジャンプ力(垂直跳び72cm ! )を獲得して、

無敵のゴールを遮る人「ガードマン(笑)」として名声を轟かせる事になるのですが。。。

(ちょっとオーバーな表現。しかも既に球技じゃなくなっているし(笑))

小3の当時は、無力な少年でした。

 

ボールを扱うのが下手くそですから、ロクにドリブルもできず、

パスも下手で、どこに投げたら良いのかオタオタばかりしていました。。。

類は友を呼ぶのか、私の周りのメンバーも似たり寄ったりで、

クラスのイケメンのスポーツマンっぽい人が居るチームに手も足も出ない状態でした。

 

悔しいな。

何とか勝てないかな?

いや、勝てなくても良いけど、せめて一矢報いる事はできないかな?

 

私は一所懸命考えました。。。(いや、もっと練習しろ (^_^;)

 

ポートボールには、5秒ルールというのが有って、一人の人がボールを5秒以上持っているとファールになるというのが有りました。

 

そうだ、これだ! 

これなら行ける!! (何が? (^_^;)

 

私はチームメイトを集めました。

私「いいか? これから作戦を授ける。。。」

皆「えっ!?」

 

試合が始まりました。

 

いつもの様に、ボールはすぐに相手に渡ってしまい、

イケメンスポーツマンの手に。。。

彼は機敏な動きで、私達をかわしながら、ゴールに向って軽快なドリブルで

進んでいきました。

いつものパターンです。

こうなると、彼を止める事はほとんど不可能です。

いつもなら、ゴールが決まるシーンでした。

 

私「今だ!」

皆「え〜。。。やるの?」

私「やろう!!」

 

私は、イケメンスポーツマンの前に立ち塞がりました。

彼は、涼しい顔で私をかわそうとしたのですが。。。

私は、チームメイト(二名)と素早く手を繋ぎ、

彼を中心に大きな人の輪を作りました。。。

 

彼「え?!」

 

それでも、彼は何とか包囲網を脱出しようとしましたが、

私はこの人の輪を急速回転させて。。。(まるで「かごめかごめ」の様に(笑))

彼の動きを阻止しました。。。

余りの事に、彼はボールを持ったままどうする事も出来ず。。。

 

5秒が経過して

ピー!

という笛が鳴り響きました。

ファール成立です。

 

やった! (。。。さ、最低だ (^_^;)

 

こうして、念願の「一矢報いる」事が出来、しばらくはこの「かごめ作戦」が

猛威を振るう事になったのでした。。。(笑)