読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

「銀翼のイカロス」を読んだ

感想

また大分空いてしまいました。

どうも、夏休み直前にやれるだけやっておけとばかりに、

仕事が殺到していまして。。。(^_^;

妙に忙しい日々を送っております。

 

 

今日はこれ。読書感想文です。

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

 

ご存知、半沢直樹シリーズの最新作です。

多分、今ものすごく売れていると思います。

今回も電車の中で一気読みでした。

 

回を重ねる毎に、「敵」が巨大になって。。。

今回はとうとう大物政治家ですよ。

一体どこまで行くんでしょうか?

次は外国の大物か??(^_^;

 

今回は破綻しかけた航空会社の救済と、

横槍を入れてくる新政権のタレント出身の女性大臣(業務仕分けとか言い出しそう^^;)が、

再生タスクフォースを結成して半沢直樹に立ちふさがります。

後ろ盾の大物議員は、保守党から離党して新しい政党を作り上げた人物。。。

微妙にどこかで見たような人々がチラホラ出てきます。

 

いつものキャラ達も健在です。

渡真利も、近藤も良い感じです。

新キャラも出ます。

中野渡頭取も今回は見せ場が有ります。

あの黒崎も今回は。。。

 

。。。うーん。

脇役達が強くなりすぎているんでしょうね。。。

半沢直樹自身も強力なキャラクタですが、強力な脇役に囲まれていると、

もう、安心して見ていられる感じになってしまって。。。(笑)

ストーリーの緊迫感を若干削いでしまっている様な気がします。

 

前回も少し感じましたが、お話のスケールが大きくなればなるほど、

リアリティが希薄になるというか、

 お話自体はとても面白かったんですけれどね。

読後、自分が何かを達成した様な気分になれますけれど。。。(笑)

でも、最初の1〜2巻程のドキドキは感じなくなってしまった様な気がします。

人間、恐ろしいもので、より強い刺激を求めてしまうものの様です。

 

もっともっと読んでいたいこのシリーズ。

果たして次は何処まで連れて行ってくれるのでしょうか?

 

(★★☆ 星4つ