読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

ルーズヴェルトゲームを観た

岡山帰省中に、病に倒れた私でしたが。。。(苦笑)

帰省先(岡山)に持っていっていたAppleTVとiPhoneを使って、

自宅(埼玉)のサーバーから、録りためていたテレビドラマを観る事ができました。

 

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

 

 ↑これがAppleTV

 

イメージ図

 Myパソコン -- ルーター ---->(インターネット回線)

(埼玉)

---->|| ------- ルーター -- Wifi ------> iPhone ----> AppleTV --- テレビ

        (岡山)

 

 こんな感じですが。。。(意味不明な図(?)でスミマセン(^_^;)

ハイビジョン映像が普通に観られるんです。

何ともいい時代になったものです。

 

えっと、まあこんな装置で、埼玉にあるビデオを岡山で観ていました。

で、今回観たのがこれでした。

 

ルーズヴェルトゲーム◆


【TBS】(春ドラマ)1分で分かる!4/27スタート 日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』 - YouTube

実は前に「ルーズヴェルト・ゲームを読んだ」というお話を書いた事があります。

小説を読んだ時、沢山の人々が登場する割に描写が蛋白だった様な印象や、

話の半分を占める重要な野球シーンが、小説ではイマイチ物足りなかった印象があり

もしかしたら、ドラマ化された場合、ここを強化すれば原作以上に

面白くなる可能性があると予感していました。

 

予想通りでした。

「映像」の力を上手く生かして、野球の部分をかなり強化されていました。

あとは、半沢直樹の時には、ちょっとやり過ぎ感が有った、原作の改変ですが、

今回は、概ね良い感じに改変されている様な気がします。

(悪い秘書の花房さんだけは、ちょっと余計だったかも。。。(^_^;)

笹井専務がイケメンになっていたのにはビックリ。。。(笑)

肩を痛めた萬田が、沖原に自分の投球技術を伝えるシーンも、良い改変でした。

敵役の如月投手が、最後改心するシーンは、ちょっと有りがち過ぎる様な気もしましたけども、ドラマを爽やかな印象にする効果にはなったかな。。。?

 

原作のイメージを壊す事なく、映像ならではの効果を上手く加えられて、

「良いドラマ化」の例になれたと思います。

 

池井戸潤の作品が好きな方は勿論、半沢直樹にハマった方、

勧善懲悪、時代劇など、スカッとするお話が好きな方々にオススメします。

 

(★★☆ 星4つ