読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobuno's blog

shobunoの日記です。日々見たこと、考えたこと、思い出した事などを興味の向くまま書いていきます。

Happy Birthday to...

つぶやき

f:id:shobuno:20140820211205j:plain

妻お手製のバースデーケーキ(?)

製作時間、約30秒。。。 (^_^;

 

 

幼稚園児の頃、「誕生日」は「ラッキーな日」でした。

毎月、誕生日の子供が発表されて、

みんなでお祝いしたり、

歌を歌ったり、

プレゼントをあげたりしました。

 

小学生になると、誕生日になった友達は、

自分の家で立派な誕生会を開いたりするのがブームだった様な気がします。

(そう言えば、私の子供たちは「誕生会」開いたり呼ばれたりしないなぁ。。。

 ブームは去ったのでしょうか? )

誕生会が開かれる家は、いつも遊びに行く時とはちょっと様子が違っていて

よそ行きな感じでした。

心なしか部屋がキレイに片付いていて、

飾り付けされたりしているお家も有ったりして。

テーブルには、お母さんが作ったご馳走が並べられていて、

お誕生日の友達は、ちょっと緊張気味で頬を染めていました。

参加する僕達も、ちょっとよそ行きの気分になって、

用意したプレゼントを友達に手渡しました。

 

どうして誕生日をお祝いするのか?

本当の所、良く分からなかったけど、

「お誕生日はラッキーな日」だから、お祝いされるんだと思っていました。

7月後半から8月が誕生日の子供は、ちょっとアンラッキー。

みんなの誕生日はお祝いするのに、自分の番は決して来ない。。。 (^_^;

「誕生会を開く」事に凄く憧れました(笑)

 

中学生、高校生。。。 

うーん。特に何も無かったなぁ(苦笑)

 

大学生時代は。。。

全国に散っている100名以上の「会員さん」達から、

毎年、沢山祝って頂きました。(郵送で。)

うーん。これはちょっと特殊な例ですねぇ。。。(^_^;

 

社会人になって、結婚して、子供ができて。。。

誕生日っていうのは、その人が生まれてくれたこと、いてくれる事そのものを

感謝する日だったんだということに、ようやく気づきました。(遅っ!)

 

歳を重なる毎に、誕生日は「メイド、じゃなくて冥土(^_^; の旅の一里塚」

っぽい様相を呈してきて

あまり嬉しくなくなるものですが。

祝って下さる方々がいるっていう事は、

とても幸福な事なんだと、素直に思える様になりました。

 

 

さて、お察しの通り(?)今日は私の誕生日でした。(歳は言うまい (^_^;)

 

今朝は、朝からお祝い通知で、携帯が鳴りっぱなしでした。。。

お祝いメールは、航空会社のANA楽天、紳士服の青山に、歌手のYUKIからも(笑)。

友人2名から、フェースブックのメッセージ。

 

家に帰ると、家族みんなからの祝福の声。。。

 

うん。

私はまだ大丈夫。。。

 

f:id:shobuno:20140820214244j:plain

夏はやっぱり、アイスケーキですね♪

(冒頭のもある意味「アイスケーキ」ですけれど (^_^;)